NI+C Cloud Membership Service GGoogle Cloud Platform

Google Cloud Platform にNI+Cのサービスを付加して、Enterpriseユースに応えます。
用途に合わせたレディーメイドのGCPがみなさまのビジネスをサポートします。

gcp_consulting_banner.png

  • ご利用用途

  • サービス紹介

  • ブログ/コラム

みなさまのご検討ステージに合せた、適切なアドバイスにより、最適な方法で、エンタープライズユースに最適なGCPをお届けします。

準備フェーズ

コンサルティング
サービス(無料)
・クラウドを使い始めたいが、何から手を付け始めてよいか分からない。
BigData & ML Poc

・チャットボットの仕組みを作りたいが、早く、簡単に始められないか。

・FAQを立ち上げたいので、文書検索の基盤を外部サービスで始めたい。

構築フェーズ

システム開発
・GCPで業務を始めることになったが、自分たちの使い方に最適な構成でスタートしたい。
システム移行
・オンプレミスからクラウドへ、他クラウドからGCPへ、データ移行したい。

運用フェーズ

マネージドサービス
・GCPを使い始めたが、これまでと同様の運用を設計するにはどうしたらよいか。
VPN
GW接続
・オンプレミスとの連携が必須だが、インターネット経由では不安が残る。
セキュリティ診断
・GCP利用のセキュリティ運用はどこまで自社で整備しなくてはならないか判断が付きかねる。

ユースケース#1

従業員1000名規模のエンタープライズ企業 情報システム部リーダーのよくあるお悩み

コンサルティングサービス(無料)

・最近大規模災害も多く、社内システムの可用性の強化をTopから考えろと言われている

・情報システム予算は限られているので重工壮大な構成は到底無理だ

・災害対策(DR対応)で2か所以上のロケーション構成にしたいが、運用体制は変わらないので悩んでいる

ユースケース#2

ビックデータ分析が浸透に伴い、加速度的にデータが膨張しているが高価な基盤は使えない

BigQueryデータレイク構築

・Webログ、IoT、動画、ゲーム、画像コンテンツ...データ分析がエンタープライズ企業の生き残り戦略になってきた

・明細レベルでのデータ保持が必要だが、データ容量の上限値が定まらなく設備投資稟議が作成できない

・データ分析基盤は基幹業務と違ってデータ維持のコストはできる限り抑えなくてはならない

NI+C Cloud Membership
Service G

基本サービス

1コンサルティング

日本情報通信株式会社では、契約前のお客様を対象に無料のコンサルティングサービスを提供しています。実際に利用するにあたりどのようにGCPやクラウドサービスを利用したら良いかわからないというニーズにたいして一緒に考えることをさせていただきます。またGCP以外のクラウド全般の利用方法などについても対応いたします。

例えば、企業ユースの場合、ネットワークの接続について社内側でどのように構成をする必要があるかやGCPを利用する前にどういったことが必要になるかなどをご相談いただくことができます。

[日時]
平日 10:00~18:00の間で2時間となります。
[場所]
日本情報通信株式会社 オフィス(最寄り駅:築地駅または新富町駅)
[利用料金]
無料
[対象ユーザ]
  • Google Cloud Platform の利用を検討されている企業のご担当者様
  • また、参加をお断りさせていただく場合がございます。
    • すでにGCPを利用されている企業様
    • 競合他社企業様、フリーランスの方のお申し込み
    • GmailやYahoo!メールなどフリーのメールアドレスでのお申し込み

2サポートメニュー

サポートメニュー ベーシック アドバンス プロフェッショナル
ご契約条件 なし なし(1) アドバンスの契約が必要
費用 10,000円/月 40,000円/月 40,000円/月
問い合わせ:100,000円/月~
問い合わせ方法 メール等 メール/電話
(受付後専用電話にて対応)
電話対応 - -
受付/対応時間 受付:24H/365日受付
対応:9:00-18:00(2)
受付:24H/365日受付
対応:9:00-18:00(2)
電話対応:9:00-18:00(2)
クリティカルな障害発生時の
初期対応時間(目安)
4時間以内 1時間以内
お客様ポータルへのアクセス - 設計/構築/テスト/運用開始
の期間アクセス実施
GCPに関するお問い合わせ
GCP公式ドキュメント内
最良事例、成功事例のご案内

ベーシック+GCP上での活用事例、個別事例のご案内
課金に関するお問い合わせ
GCP公式サイト
見積ツールの紹介

ベーシック+ユースケースに応じた見積サポート
GCPステータス(3)に関する
お問い合わせ

復旧見込み時間の報告

復旧見込み時間の報告
各種障害(4)に対する
対応方法

StackDriverログ確認
エラー内容の説明

ベーシック+テスト環境での確認/検証
ユースケース紹介 -
GCP上での活用事例、個別事例の紹介
コンサルティング相談 -
ユースケース紹介、GCP上で作成したい環境に対しての相談受付

アドバンス+
電話/オンサイト
  1. Goole StackDriverの設定が必要な場合がございます。
  2. 土日祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、弊社創立記念日(10月第3金曜日)は除きます。
  3. GCPステータス:GCPに含まれる各サービスの状態をさします
  4. 各種障害については、原則下記項目を満たすものを対象としてます。
    また、NI+C側の作業は、当社テスト環境にて検証を行うものであり、お客様環境にて発生する障害の回復を保証するものではありません。
    • GCPサービスを利用して発生した障害
    • 弊社テスト環境で障害の再現が確認できる内容
    • GCPが公開しているテストコードを利用したケース
  5. ユースケース:お客様の環境に依存した課題を示します

2-1サポート(ベーシックプラン)

ベーシックプランでは、下記内容に関して24/365にてメール受付致します。

  • GCPに対する問い合わせ
  • 課金に対する問い合わせ
  • GCPステータス、各種障害に対する問い合わせ

問い合わせに対しては4営業時間以内に対応を行い、GCP公式ドキュメントにある最良事例や成功事例を案内致します。
お客様環境内にて作業を行うといったことに関しては受け付け致しません。
またお客様が作成されたソースコードの指摘及び修正に関しても受け付け致しません。

2-2サポート(アドバンスプラン)

アドバンスプランではベーシックプランのサポート内容に加え、下記内容をサービスとして提供しています。

  • ユースケース紹介:GCP上の活用事例や個別事例の紹介
  • コンサルティング相談:ユースケース紹介を含めたGCP上で作成したい環境に対しての相談受付

問い合わせに対しては1時間以内に対応を行い、公式ドキュメントの案内以外にもGCP上での活用事例、個別事例を紹介致します。
各種障害に対する問い合わせは、GCPサービスを利用して発生した障害かつ弊社内のテスト環境内で確認可能な内容の場合検証を行い対応致します。検証については原則GCPが公開しているテストコードを用いたケースを対象とします。お客様が作成したソースコードを用いての検証は行わなわず発生した障害の回復は保証致しません。
ベーシック同様、お客様環境内にて作業を行う、またソースコードの指摘及び修正に関しては受け付けておりません。

2-3サポート(プロフェッショナルプラン)

プロフェッショナルプランでは、お客様自身でGCPに環境構築をする際の設計・構築・テストから運用開始まで導入時に生じる一連のプロセスを支援致します。また、お客様からの要望に応じてお客様自身のGCP環境にアクセスし上記プロセスの支援を致します。
プロフェッショナルプランではアドバンスプラン同様メールと電話にて対応致します。
コンサルティング相談に関しては、メール受付電話対応だけでなく、お客様とのMTGも行い相談を受け付けます。
またプロフェッショナルプランはアドバンスサポートを加入しないとサービスを受けることができません。

3支払代行

日本情報通信の提供するGCPクラウドサービスをご契約いただくことで、GCP利用料の支払いを日本円の請求書で行うことが可能です。

ご利用料金について
  1. GCP利用料(お客様とご契約いただいているGCPプロジェクトにおける合計の利用料金)
  2. 支払い代行手数料 5%
  3. サポート料金(ご契約プランに応じた費用)
  4. 各種ご契約サービス利用料
利用料金は上記の1〜4の合計が請求されます。
  • 全ての契約者は基本サービスの契約が必須となります。
  • サポートは、ベーシックまたはアドバンスのいずれかの契約が必要となります。

月末締めで翌月請求の約30日後に支払いとなり、30日サイトとなります。

構築サービス

1システム開発

「システム開発」は、これからGCP上にシステム開発を行いたいユーザ企業にご提供させていただきます。日本情報通信(株)の豊富なシステムインテグレーションの経験を生かし企業システムを開発させていただきます。開発契約は、システム規模に応じて請負契約(ウォーターフォール型プロジェクト管理)、準委任契約(ウォーターフォール型またはアジャイル型プロジェクト管理)を選択することが可能です。

[提供場所]
  • 開発は弊社ロケーションで実施させていただきます
[利用料金]
  • 個別見積もり(1,500,000円〜)
[対象ユーザ]
  • GCPのご契約がある企業
  • 「システム開発」で開発するシステムにおいてGCPのご契約が予定されている企業

2システム移行

「システム移行」は、これからGCP上にシステムを移行したいユーザ企業にご提供させていただきます。日本情報通信(株)の豊富なシステムインテグレーションの経験を生かし企業システムを開発させていただきます。開発契約は、システム規模に応じ準委任契約(ウォーターフォール型またはアジャイル型プロジェクト管理)となります。データ移行方式やシステム移行方式を確定させるために「システム移行」前にPOC(概念実証)を必ず実施するものとします。

[提供場所]
  • 開発は弊社ロケーションで実施させていただきます
[利用料金]
  • POC実施費用(200,000円〜)
  • 移行費用個別見積もり(1,300,000円〜)
[対象ユーザ]
  • GCPのご契約がある企業
  • 「システム開発」で開発するシステムにおいてGCPのご契約が予定されている企業
[POCの対象範囲]
  • PoCは1-2週間で行える範囲で実施させていただき事前に移行の現実性を判断させていただきます。
  • PoCの完了は「移行検討資料」を提出させていただきます。

3BigData & ML PoC

BigData & ML PoCは、これからBigData & ML 関連のアプリケーション開発を予定されている企業様向けにプロトタイプ開発を行うための支援サービスとなります。よくあるユースケースとしてはチャットボットの仕組みを作りたい。FAQサイトを作りたいので文書検索の基盤を作りたい。工場で発生する事象に対して画像分析を活用して業務に生かしたい。などがあります。ある程度やってみなければ価値があるかわからないというケースがおおくPoCを実施したいというニーズがあるためBigData & ML PoCをご提供させていただきます。またAIサービスとして実績のある、他社クラウドサービスも対象としております。

[実施期間]
  • PoCは、プロトタイプ作成に1-2週間で行える範囲で実施させていただきます。
[対象]
  • GCPサービス
    • Cloud Vision API
    • Cloud AutoML
    • Cloud Job Discovery
    • Cloud ML Engine
    • Cloud Natural Language API
    • Cloud Speech API
    • Cloud Translation API
    • Cloud Video Intelligence API
    • Cloud TPUs
    • DialogFlow
    • TensorFlow
    • BigQuery
  • 他社クラウドサービス
    • IBM Cloud Watson
[提供場所]
  • 開発は弊社ロケーションで実施させていただきます
[利用料金]
  • POC実施費用(200,000円〜)
  • GCPおよびIBM Cloudの利用料はPOC実施費用に含まれますので個別にご請求は発生しません
[対象ユーザ]
  • 「システム開発」で開発するシステムにおいてGCPのご契約が予定されている企業

運用サービス

1監視

Google StackDriverを利用しインスタンスや稼働しているサービスをモニタリング。
モニタリングで通知されたアラートへ予めお客様と約束した下記一つまたは組み合わせてアクションの実施いたします。

  • サービス正常性確認と結果報告
  • ジョブの実行/再実行と結果報告
  • 予め提示されたオペレーション実施と結果報告
  • お客様への電話/メール連絡
[提供場所]
  • NI+Cオペレーションセンター
[利用料金]
  • 初期費用:個別見積もり
    • Stackdriver設定内容/アラート通知対象/通知先確定作業
    • 一次対応設計
  • 月額費用:個別見積もり
    • Stackdriver利用費用
    • Stackdriver設定変更/アラート通知対象変更/通知先変更
    • 一次対応費用
[対象ユーザ]
  • GCPサービスおよびアプリケーションの可用性を高めたいお客様
  • システムのインシデントにいち早く対応しサービス継続性を高めたいお客様

オプションサービス

1VPNゲートウェイ回線提供

VPNゲートウェイ回線提供サービスはGoogle Cloud Platformとお客様オンプレ環境間をインターネットを利用した安価で且つセキュアに接続するサービスです。お客様オンプレ環境に光アクセス回線とマネージドルータをご提供しGoogle Cloud PlatformとのIPsec-VPNを利用したセキュアな接続を実現致します。

[提供場所]
  • お客様ご指定場所
[利用料金]
[対象ユーザ]
  • GCPのご契約がある企業
[利用上のご注意点]
  • ご提供する光アクセス回線は原則、GCPとの接続のみとさせていただきます。
  • 光アクセス回線はご提供場所によりご提供できない場合がございますのでご了承願います。
  • 光アクセス回線の敷設は2か月程度のお時間をいただく場合がございますのでご了承願います。

2GCP専用線回線提供

GCPには、GCP上のVPCとお客様オンプレ環境間をハイブリッド接続にて接続できる「相互接続」メニューが提供されています。
このGCPのサービスはインターネットを経由せずにセキュアな通信を実現することが可能ですが、実際にお客様自身で専用線を契約したり、必要機器を手配したりする必要があるなど、接続業者や回線事業者など関係者間での調整の手間や費用負担が課題となるケースがございます。このような利用者の課題やニーズを踏まえ、NI+Cはセキュアな接続を実現しつつ、利用者の費用や稼働の負担を軽減するワンストップサービスとして、「NI+C クラウドコネクトサービス for GCP」を提供しております。

「NI+C クラウドコネクトサービス」は、以下の2タイプより選択可能です

  • (1)シングルコネクトタイプ

    シングルコネクトタイプは、お客様の拠点とGCP間の接続を直接接続するタイプのサービスです。
    特定の拠点でのみ使用するアプリケーションをGCP上で稼働する場合などに、より安定したセキュアな接続環境を実現します。
    回線帯域は100Mbps〜1Gbpsまで必要帯域に応じご選択が可能です。
    お客様が個別に専用線を敷設した場合と比較し、より安価にご利用いただけます。

  • (2)マルチコネクトタイプ

    マルチコネクトタイプは、複数拠点からの接続を必要とする企業向けのサービスです。
    NI+CデータセンターをネットワークHUBとしてGCPへの接続サービスをご提供致します。
    回線帯域は100Mbps〜1Gbpsまで必要帯域に応じご選択が可能です。
    このサービスを利用することで、NI+Cが提供する各種クラウドサービスやEDIなどを含め、様々なネットワークに繋ぐことが可能になります。
    現在NI+Cデータセンターを利用していない企業も、ネットワーク機器設置サービスを追加利用することにより、マルチクラウドの実現が可能になります。

  • (3)オプションサービス

    マネージドルータは回線帯域によって弊社推奨スペックのNW機器をご提供致します。
    シングルコネクトタイプ、マルチコネクトタイプ共に回線を収容するマネージドルータのご提供もオプションとしてご提供が可能です。

[提供場所]
  • (1)シングルコネクトタイプ:お客様ご指定場所
  • (2)マルチコネクトタイプ:NI+Cデータセンター
[利用料金]
  • (1)シングルコネクトタイプ
    • 初期費用:TBD
    • 月額費用:TBD
  • (2)マルチコネクトタイプ
    • 初期費用:TBD
    • 月額費用:TBD
  • (3)オプションサービス
    • 初期費用:TBD
    • 月額費用:TBD
[対象ユーザ]
  • GCPのご契約がある企業

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。