次世代の高速処理プラットフォームIBM PureData System for Analytics

ビッグデータを本格的なアナリティクスで活用可能とするために開発された、Netezza テクノロジーを活用した強力なデータウェアハウス・アプライアンス・ソリューションです。

制約のない分析を誰でもすぐに利用可能に!

1つのアプライアンスにハードウェア、ソフトウェア、ストレージをすべて統合。導入・構築作業を待たずに活用できます。

従来のRDBによるDWHシステムに比べ段違いの性能

従来のリレーショナル・データベースを遙かに上回る高い処理能力を備え、テラバイト~ペタバイト級の大容量データをサポートします。

チューニング・管理が ほとんど不要

導入直後からすぐに高いパフォーマンスを発揮し、索引付けやチューニングは不要です。

幅広いシステムと連携

NI+Cの「ぐるっとデモ」各サービスとの連携はもちろん、SASなどの各種分析ソリューションとの連携も可能です。

適用業務と「IBM PureData System for Analytics」の強み

DWH/BI

DWHのパフォーマンスに不満があり、欲しいレポートや情報が取れない

  • Netezzaテクノロジーが提供する専門家の知見に基づいてデータベース・ワークロードを管理
  • FPGAを活用して、高パフォーマンスなアナリティクスを実現
  • 特許取得済みのデータ・フィルタリング機能が複雑なクエリーを超高速で実行

基幹業務(バッチ処理)アクセラレーター

基幹業務のバッチ処理やロード・アンロード、変更の処理が遅い

  • システムの設定やチューニングが不要で、数時間でデータ・ロード開始のための準備が完了
  • ペタバイト規模をサポートする、革新的な非対称型超並列処理アーキテクチャー (AMPP)

分析・マイニング ビッグデータ基板

ビッグデータのマイニングや地図分析など、複雑な分析を実施したい。

  • イン・データベースで地理空間情報を分析
  • アプライアンスのサイズの拡張に合わせてほぼ線形のパフォーマンス・スケーラビリティーを提供
  • Hadoop基盤を導入済みのシステムも用意

IBM Puredata System for Analytics (Netezza)の
各モデルの機能は下表のとおりです。

モデル ラック数 S-Blade数 CPUコア数 FPGAコア数 ユーザーデータ
N3001-001 N/A※2 2 40 N/A 16
N3001-002 1 2 40 32 32
N3001-005 1 4 80 64 96
N3001-010 1 7 140 112 192
N3001-020 2 14 280 224 384
N3001-040 4 28 560 448 768
N3001-080 8 56 1,120 896 1,536

※1:データ圧縮後(1/4)の容量です。
※2:ラック提供ではなく、汎用ラック搭載可能なXサーバー筐体での提供です。

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。