IBM Watsonの機械学習の効率を強力にサポートします。IBM Watson Knowledge Studio

IBM Watson Knowledge Studio(WKS)で、機械学習モデルやルール定義の作成を行うことにより、業界や分野の知識だけでなく、各分野の言葉の使われ方の微妙なニュアンスの違いまでWatsonに教えることが可能になります。

  • IBM Watson Knowledge Studio(以下WKS)により、業界や分野ごとの知識や各分野の言葉の使われ方の微妙な違いまで Watsonに教えることが可能になります。(Watsonコーパスの作成)
  • 業界や分野ごとのテキストアノテーター(情報抽出器)を作成・再利用・共有をすることが可能となり、Watsonソリューションをより強力なものにすることができます。
Watson Knowledge Studio

WEX コーパス作成例

1

特定の語句に対して任意のアノテーション(属性)を付与することにより、学習データとなり機械学習を行います。同様の文章をインポートした際は自動的にアノテーションを実施します。
Watson Explorer コーパス作成例

2

アノテーション間の親子関係(リレーション)を定義することが可能です。
Watson Explorer コーパス作成例

3

作成したアノテーション(属性)、リレーション(親子関係)からWEXのファセット生成し分析を行うことが可能です。
Watson Explorer コーパス作成例

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。