投稿者:アナリティクス編集者

未来のことを予測できたらいいと思いませんか?

  

例えば、小売業界では、将来離反する顧客を予測したいという企業が増えており、

顧客の属性や購買情報を使って未来を予測できるデータマイニングツールが注目を集めています。

そこで、データマイニングツールシェアNo.1の「IBM SPSS Modeler」についてご紹介します。

  

IBM SPSS Modelerはデータ分析に必要な様々な機能を備えており、

その一つ一つがアイコンとして用意されています。

そのため、これから分析を始める方でも、直感的な操作で分析の処理を作成することができます。

  

IBM SPSS Modelerの機能は、大きく分けて以下の5つがあります。

・データ入力...テキスト、CSV、Excel、データベースなど

・データ加工...置換、集計、データの結合など

・モデル作成...決定木、クラスタリング、ニューラルネットワークなど

・グラフ...散布図、棒グラフ、ヒストグラムなど

・データ出力...テキスト、CSV、Excel、データベースなど

  

分析処理のイメージ

分析プロセス.png

  

IBM SPSS Modelerの使用例

データ入力2.png

図のようにcsvファイルをドラック&ドロップで、SPSS Modelerに入力データを設定します。

  

ドラック&ドロップ.png

使用する機能を画面下部のアイコンの中から選び、ドラック&ドロップで配置し、

アイコンを矢印で接続します。

  

実行結果.png

最後に作成した分析を実行することで、黄色いアイコンが作成され、

分析の結果を確認することができます。

  

このように、IBM SPSS Modelerを使用すれば、

アイコンを並べるだけで簡単に分析の処理を作成できます。

  

次回は、IBM SPSS Modelerの各機能について紹介します。