ソリューション

ソリューションガイド

EDIゲートウェイサービス/.com Exchange 次世代サービス

サービスの概要

サービス概要イメージ図

サービスの特長

  • オープン環境のため拡張性、柔軟性は高く、企業間データ交換に求められる安定性、セキュリティも備えたサービスです。
  • ネットワークHUB、マルチプロトコル、蓄積交換BOX、マルチトランスレータ、基幹システム連携の大きく5つの機能レイヤから成り立ちます。
  • 国内外の他社VAN接続を積極的にサポートします。
  • 「EDIゲートウェイコアサービス」をインフラ基盤とし、ブランドは「EDIゲートウェイサービス」、「.com Exchange次世代EDIサービス」の二つで提供しています。
  • サービス管理者向けにデータの状況照会WebがGUIで提供されています。

サービスの活用メリット

サービス提供機能 活用用途/メリット
サービス基盤 オープン環境 EDIサービスとしての前提環境(信頼性・安定性)
サービス時間帯 【標準】月曜日 6:00 ~日曜22:00
【個別措置】月曜0:00~5:30
2013年度以降に段階的に無停止化まで短縮予定
サービス
アベイラビリティ
99.99%(年間全体故障時間30分以内)を目標値として運営
サービス
運営レベル
設備保全
  • 各設備の冗長化構成
  • itSMF(ITサービスマネジメント)の規定に基づいた、セキュリティ対応措置とそれに沿った運用の適用
データ保全 サービスに入力されたデータへのアクセス禁止
蓄積交換BOX 契約者毎にネーミングしたメールBOXを登録し使用権を提供
蓄積交換BOX間の
データ保全
  • 契約者毎にID、パスワ-ドを設定
  • 相手先とは双方のIDをパートナー関係として相互登録しデータ閲覧権限を限定
 
接続
ネットワーク
レガシー系 BSCダイアルアップ あらゆる相手先の通信環境とのインターフェースはサービスに委ね、自社側はひとつの品目選択によりデータ交換が可能
IP系 JNX、NMS Plus/.comExchangeセキュアドネット
次世代系 セキュアドインターネット(SSL-VPN、AS2、HTTPS)
接続
ネットワーク
レガシー系 BSC全銀/JCA
IP系 全銀TCP/IP、FTP、Web、HULFT
次世代系 AS2、流通BMS
国内外VANとの
相互接続
国内・海外の他社VANとのシームレス提供
 
管理者支援機能 状況照会 GUIベースの画面インターフェースにより、自社側の送受信~相手先側の送受信
に至る間のデータの処理工程やデータの加工処理工程を可視化
処理状況の進捗、適否、エラー発生箇所をVisualに把握可能
オペレーション スケジューラ、再表示、再送、ジョブ再開、ジョブ休止、ジョブキャンセル、ダンプ、即時送信、障害復帰、全銀/JCAトレース 等EDI処理の設定/操作 運行計画設定、状況に応じた処理、エラー情報収集が可能
事象通知 ステータスメール通知 エラー発生時等における早期の能動的検知
 
複製データ保管
  • 保管期間は最大90日以内で任意設定可能
  • サービスがデータを受信した日時を起点に、7日間は通常料金内、8日目から追加料金発生
  • 相手先側受信トラブルによる再送必要時に、自社側で再送の要なく相手先は再受信が可能
  • 簡易的なデータのバックアップ先として
送受信の自動起動 時刻や予め定義した事象をトリガーに、サービス側から指定宛先に対して自動的に送受信を実施
(送受信手段:BSCダイアルアップ、TCP/IP非同期ダイアルアップ、その他)
規定サイクルでの自動運行をサービスに委ねた計画設定が可能
データ
集配信
宛先分割 同一フォーマットの複数データを判別キー情報(データ種/宛先)で宛先毎に分割配信 フォーマット単位に纏めた効率的な配信が可能
マージ 複数宛先から届いた同一フォーマットの複数データを一ファイルに纏める フォーマット単位に纏めた効率的な集信が可能
レプリケーション 一つのデータを多数の宛先にコピーし同報配信 多数の相手先に対する同一データの効率的な配信が可能
カーボンコピー 一つのデータを本来宛先と代理宛先にコピーし同報配信 相手先は正データ、その代行業者は写しデータ と各々配信して欲しい相手先要望への対応が可能
データ変換 コード変換 異なるコンピュータ間の文字コードの変換機能を提供 あらゆる相手先の文字コードやフォーマットとの変換機能はサービスに委ね、自社側の仕組みは変えずにデータ交換が可能
フォーマット
変換
異なるフォーマットの変換機能を提供
  • 自社フォーマット <---> 相手先個社フォーマット
  • 自社フォーマット <---> 相手先業界フォーマット
  • 自社フォーマット ----> 自社FAX帳票
EDIFACT、CII、XML、Idoc、ANSI X.12、流通BMS 等
基幹システムとの連携 振分 相手先データ内の判別キー(etc.工場コード、データ種)を基に、自社システムの必要単位にデータを振分し指定宛先に転送 社内システムの処理単位・必要単位・基準に応じた相手先データの処理をサービスに委ね、対外処理と自社システムの役割を明確にし、自社システムの負荷を軽減する
仕訳 相手先提供データのうち、自社システムで必要とする範囲のみに対象を絞り、必要な形式に仕訳して指定宛先に転送
お客様
アプリケーションホスティング
お客様の対外アプリケーションをホスティング提供
情報提供 ステータスファイルの送信
(etc.相手先の受信完了logを社内処理基準のトリガーにする)

その他

サービス管理者向けWeb画面のイメージは以下の通りです。

状況照会画面(TOP)のご利用イメージ
状況照会画面(詳細)のご利用イメージ

管理者GUIからご利用いただける各種機能

再表示
ステータスの更新を行ない画面の再表示をします
再送
既に送信済のメッセージを再送したい場合に使用します。
ジョブ再開
「ジョブ休止」により休止されていたメッセージ処理を再開します。
ジョブ休止
処理途中のメッセージ処理を一時的に止めたい場合に使用します。
ジョブキャンセル
処理途中のメッセージ処理を強制的に止めたい場合に使用します。
ジョブキャンセルを行うと、「ジョブ再開」はできません。
ダンプ
データの中身の情報を確認したい場合、どの工程での情報を確認するかプルダウンから選択し「ダンプ」ボタンを押す事により、データ部分の確認をする事が出来ます。
即時送信
送信計画時間外にファイル送信を行ないたい場合、即時に送信を行なう事が出来ます。
障害復帰
 中断しているセッションのエラーを修復し、同じセッションで再開する場合に使います。
セッション管理/プロトコルトレース表示
全銀/JCA手順におけるセッション状態と通信トレースの表示が出来ます。

お問い合わせ先

メールでのお問い合わせはこちら