企業情報

CSR

NI+Cグループ 健康経営宣言

社員の幸せ、お客様の幸せ、社会の幸せ。そして未来にコミット。



本宣言の背景・目的

 

社員の健康保持・増進に向けて取り組むことで社員の幸福度が向上し、いきいきと働けることで生産性の向上や組織の活性化をもたらし、将来的には企業の収益性等を高められると考え、戦略的に健康経営、施策を実践していきます。




健康経営推進体制



「社員のハピネス」増大への取り組みと健康経営の実践

健康促進策と、モニタリング

アンケート調査・分析ツールを導入し、定期的なストレスチェック、週次パルスサーベイ、エンゲージメントサーベイを実施し、社員の体調・メンタル状況をモニタリングしています。

カウンセリング、セミナーなど、健康づくり・メンタルヘルス対策

健康保険組合からの各種データを用いた社員・その家族の健康状況の傾向把握や会社のリスクを特定し、生活習慣の改善指導、精密検査の勧奨等を行うともに、社員へ個別セミナーを実施しています。身体の不調のみならず、様々なカウンセリングも可能な外部相談窓口を設け、社員の心身の安定をサポートしています。

業務の生産性向上、幸福度、ワークライフバランスの向上、離職率の低下

タレントマネジメントシステムを導入し、健康管理、人事給与、勤務管理等のデータやエンゲージメント調査結果を分析し、施策を立案・実施し、社員のハピネス向上に寄与しています。2020年度以降、エンゲージメント調査結果をもとに、テレワーク環境整備(物品貸与等)を実施し、テレワーク率平均80%以上となっています。タレントマネジメントシステムを活用することで、離職率低下や業績向上、リモートワールド実現に向けた制度見直しにつなげていきます。社長と社員の対話会、社長と管理職の1on1ミーティングを実施し、全従業員の声を聞いています。

健康維持への新規投資、保険費用の抑制 売上・利益の向上

管理職に「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種(ラインケアコース)」全員合格を目指し、メンタル疾患発生社員減少につなげていきます。週次オンラインワークアウトや定期的なwell-beingセミナー等、社員の健康リテラシー向上に努めた結果、年間を通じて1人あたり医療費を削減しました。コロナワクチンの職域接種を実施等、オフィス内感染予防対策を講じています。

2021年度 健康経営施策

2021年度の施策として、以下を実施中です。



生活習慣病対策の強化

社員の健康を第一に生活習慣病予防に向けての対策を強化しています。定期健康診断100%受診はもとより、特定保健指導者へICT(携帯アプリ)を活用した保健指導実施の継続的なガイドや、各本部安全衛生担当の協力のもと実施フォローをし、特定保健指導完了率の向上を図ります。

 

また、健診結果より生活習慣病の要因となる数値(血圧リスク者)が出ている社員を 対象としたセミナーを実施します。

メンタル疾患者の傾向分析と予防施策の検討/実施

タレントマネジメントシステムを利用し、メンタル疾患発生の傾向分析に取り組む予定です。メンタル疾患者の予防施策としては、全管理職の「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種(ラインケアコース)」資格取得を必須とし、管理職を対象としたメンタル疾患者の予防施策のセミナーを開催しています。会社以外でも匿名でメンタル不調やその他あらゆることの相談が可能な環境を整えました。

意識向上・行動変容の促し

健康意識向上のための取り組みとして、全社員向けWell-beingセミナーを開催、その他健診結果等より、対象者を絞った個別テーマセミナーを開催しています。  

  • well-beingセミナー 4回(2020年度:3回)
  • 個別テーマセミナー 4回

また、各本部安全衛生担当と連携し、各種健康施策のフォローや行動変容に向けた取り組みを実施しています。


2021/10現在

目標 2019年度 2020年度
定期健康診断受診率 100.0% 97.1% 100.0%
特定健康診査受診率 94.6% 88.7%
特定保健指導受診完了率 43.0% 24.4% 31.7%
適性体重維持者率 66.3% 62.0%
ストレスチェック受診率 90.0% 90.6%
非喫煙率 76.2% 75.0%
長時間労働面談実施率 100.0% 100.0% 100.0%
労災発生件数 0件 0件 0件
年次有給取得日数 17.4日/人 14.3日/人
平均残業時間 21.3時間/月 18.0時間/月

本件に関するお問い合わせ先

日本情報通信株式会社
コーポレート企画部 安全衛生担当
kenkoukanri@NIandC.co.jp