ニュース

2008.01.09 [プレスリリース]日本情報通信株式会社は、花王株式会社から花王インフォネットワーク株式会社の株式を譲受けすることで合意

日本情報通信株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:富田修二、以下 NI+C)は、花王株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:尾崎元規、以下
花王)から、花王 100%出資のEDI情報システム子会社である花王インフォネットワーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役:土岐 守、以下
花王インフォネット)の発行済全株式を本年1月末をもって譲受けすることに合意しました。花王インフォネットは今後、NI+Cの100%子会社として、社名をエヌアイシー・インフォトレード株式会社に変更し、更なるEDI事業の拡大を目指すこととなりました。



花王インフォネットは、花王の100%子会社として、1996年6月に設立され、EDIパッケージ「EDIPACK」等の販売・管理を通して製造・流通業等の電子取引、IT化の役割を果たしてきました。この度NI+Cが全株式を取得するに伴い、花王インフォネットは、社名を「エヌアイシー・インフォトレード株式会社」に変更し、引き続き花王カスタマーマーケッティング株式会社を含めた花王グループ各社及び一般ユーザ様に対するソフトの販売・保守管理の事業を継続します。
NI+CはJNX※-2の認定サービス・プロバイダで、EDI関連ユーザ企業数は自動車業界を中心に約1,000社にのぼり、2004年より「EDI
※-1ゲートウェイサーバサービス」を提供しております。これは、NI+Cが10数年にわたって培った、EDIシステム構築のノウハウをもとに独自に開発したものです。また、NI+Cは、近年益々拡大する国際取引においてもグローバルのEDIサービスと連携しており、この度新たに発足するエヌアイシー・インフォトレードとともに、EDI
ビジネスにおける「情報流通」のリーディング・カンパニーを目指します。

※-1 EDI (Electronic Data Interchange)
発注社と納入業社間で、受発注、見積り、製品仕様など商取引に関する情報を業界標準のデータに変換し、VAN(Value Added Network:
付加価値通信網)や専用ネットワークを通して電子的にやり取りする仕組み。
※-2 JNX (Japanese automotive Network eXchange)
自動車産業界で通信インフラを共通化するために構築されたネットワーク。2000年10月稼働開始。

花王インフォネットワーク株式会社の会社概況

商号 花王インフォネットワーク株式会社 (英文名:Kao Infonetwork Company Limited)
設立 1996年6月
資本金 50百万円 (花王株式会社100%出資)
従業員数 25名 (2007年10月末時点)
代表者 代表取締役社長 土岐 守
決算期 3月期決算
事業内容 コンピュータソフトウェアの開発・販売・リース、情報処理サービス
通信サービス及び情報提供サービス
URL http://www.niandcinfotrade.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

HRM コミュニケーション/マーケティンググループ
広報担当 市川
TEL:03-6278-1115
E-MAIL:koho@NIandC.co.jp

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。