ニュース

2008.02.27 [お知らせ]愛徳会 ソリューション大会2007全国大会にて優秀賞を受賞

2月22日の愛徳会全国大会にて、製品システム事業部から代表した弊社社員が優秀賞を受賞しました。
http://www.aitokukai.com/index.htm

NI+Cでは昨年度も同事業部社員が優秀賞を受賞しています。
http://www.aitokukai.com/aitokukai/20070223.htm

発表概要

『ICカード発行管理システム』二重化によるサービスレベル向上とTCO削減
-everRun™ HAを利用したお客様提案事例に関しての発表-

▼お客様要件
お客様の求める要件は下記のものがあった。

  • 業務へ与える影響が大きくシステムダウンが許されない。
  • メンテナンスといえどサービス停止を許容できない。
  • 専任の保守要員を配置したくない。

▼二重化システム提案時の課題
共有ディスク型の一般的なクラスタリングソフトウェアでは、下記により実現が困難であった。

  • お客様アプリケーションが独自開発のパッケージ製品であったため、一般的なクラスタリングソフトウェアでは標準対応していない。
  • 専任の保守要員が必要で運用管理負担が大きい。
  • 高価な共有ディスク装置を必要とするためハードウェアコストが膨らむ。また、導入構築にかかるコストも大きい。

▼NI+Cからの提案内容
上記課題をクリアする仮想化クラスタリングソフトウェア『everRun™ HA』をご提案。
その特長は下記のとおり。

  • 2台のIAサーバーを使い、1台の高信頼性仮想サーバーを提供
  • クラスタに対応していないアプリケーションをサポート
  • アプリケーションごとの面倒な設定が不要
  • 共有ディスクを必要とせず、低価格なシステム構成が可能
  • 比較的発生頻度の高いI/O装置(ハードディスクやネットワークインターフェイスカード等)の故障時にもフェイルオーバーを不要とし、連続稼動が可能
  • 完全なシングルシステムイメージ(サーバー利用者から1台のサーバーに見えること)を提供することで、システムの利用者はクラスタを意識することなく利用可能
  • オンラインマイグレーション(動作中のサービスをそのまま他方のサーバーに移動させること)をサポートし、サーバーメンテナンス等の計画停止時間を削減