ニュース

2011.06.20 [プレスリリース]日本情報通信、プレゼン資料と動画を同時にストリーミング配信する 「Gridow サービス」を企業向けクラウドサービスとして提供
~Gridow社とプレゼンテーション動画配信クラウドサービスの再販契約を締結 ~

日本情報通信株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村雅行、以下 NI+C)は、Gridow Inc.(本社:台湾 台北、代表取締役社長:Chao-Ming Cho、以下 Gridow社)と、Gridow社のプレゼンテーション動画配信クラウドサービス「Gridowサービス」群の再販契約を本日締結しました。今回の合意により、NI+CはGridow社が開発・販売する「Gridow Enterprise(グリドー エンタープライズ)」をはじめとするGridowサービスの再販業者として、企業向けクラウドサービスを展開します。2011年7月1日より提供開始予定です。

「Gridowサービス」は、社内研修、講演のリアルタイム配信、製品やサービスの紹介、取扱説明書の解説などを目的として、プレゼンテーション動画コンテンツをオンライン上で「作る」、「リアルタイム配信する」、「観る」、「検索する」、「管理する」ことができるクラウドサービスです。本サービス群を利用することにより、コンテンツ配信側は、パワーポイントなどで作成された説明資料と各ページに同期されたプレゼンテーション動画を組み合わせたコンテンツを大掛かりな設備の必要なく、容易にオンラインで「作る」、「リアルタイム配信する」、「管理する」ことが可能となり、これまで説明資料のみでは理解し難かった複雑な内容を説明動画付きで対象者に閲覧(「観る」、「検索する」)してもらうことが可能になります。

従来、このような目的でコンテンツを作成する場合は、説明資料に手動で同期させる編集の機能が必要でしたが、この「Gridowサービス」により、リアルタイムで資料と映像を同期させてサーバー上にアップロードすることが可能となり、講演会などのライブ配信、同時記録も可能となりました。また、説明資料のサムネイル画像(縮小された画像)が表示されており、必要な画面を容易に検索することも可能です。パソコンのみならず、アンドロイド、iPad(本年10月から)でも閲覧可能です。

NI+Cは、システムインテグレーターとしての強みと経験を活かして、企業内システムやSNSなど他のクラウドサービスと本サービスのコラボレーション(連携)利用を積極的に推進し、効率的な情報共有を求められ、ワークスタイルの変革を余儀なくされる企業にとっての利便性を高めていきます。製品やサービスの販売促進の他、社員やパートナー企業へ教育目的での利用やプロジェクトを効率的に進めるための企業向けクラウドサービスとして推進していきます。

1.Gridowサービスについて

Gridowは、製品やサービスの紹介、研修・情報伝達などを表現する“オンライン リッチメディア ショールーム”です。プレゼンテーション動画をオンライン上で「作る」、「リアルタイム配信する」、「観る」、「検索する」、「管理する」ことができるクラウドサービスです。台湾では、金融機関、保険会社、製造業等で利用実績があります。

  1. Gridow Enterprise (グリドー エンタープライズ)

    「Gridow Enterprise」は、利用者がWEBカメラを利用し、説明資料とそれに同期したプレゼンテーション動画を一つのコンテンツとして容易に作成、アップロードすることができるサービスです。ライブでの発信も可能です。また、スタジオで撮影した映像を使ってコンテンツを作成することも可能です。社内研修用のビデオコンテンツ、講演会のライブ発信や記録、商品、サービス、マニュアルの説明などに適しています。視聴者の閲覧履歴、アクセス制限などの管理機能が充実しています。VPNなどと組み合わせ、クローズドの環境として視聴者のアクセスを制限することも可能です。
    本サービスの営業活動、及びヘルプデスクサービスはNI+Cで行い、サービスの開発、設計、提供、技術支援はGridow社が担当します。
  2. Gridow.com - Professional (グリドー ドットコム プロフェッショナル)
    「Gridow.com - Professional」は、「Gridow Enterprise」の簡易版です。「Gridow Enterprise」とは異なり、VPNなどと組み合わせることはできず、オープンな環境でコンテンツが公開されます。管理機能が限定されますが、SNS、Twitterと容易に組み合わせて利用することができるサービスです。

    (注)Gridow.comには、他にコンシューマー向け無料版「Gridow.com - Basic」(グリドー ベーシック) がありますが、Gridow社のみ提供するサービスであり、NI+Cのヘルプデスクサービスでは対応いたしません。

2.今後の展開

本年中はGridow社のクラウドサービスの再販となりますが、来年からNI+Cクラウド基盤を利用するサービス、企業内にアプライアンスを設置する完全にクローズドなソリューションも展開する予定です。日本国内のクラウド基盤利用となり、コンテンツの海外持ち出しに制限がある企業など、よりセキュアなクラウド環境での利用を希望する企業に対応可能となります。

【Gridow Inc.】
動画コンテンツ事業のビジネス拡大のため、Gridow Inc.は2008年にRhema Tech Inc.(http://www.rhematech.com/)から独立しました。主な事業内容はマルチメディアを中心とした動画コンテンツソリューションをクラウドで提供するサービスです。現在、台湾では政府機関、金融機関、インターネットサービス業界などの多業界に渡り、多くの中堅中小企業にご利用頂いています。

【日本情報通信株式会社】

日本情報通信株式会社は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。自動車業界とその関連業界をつなぐネットワークシステム「JNX」の構築・運用をはじめ、通信、運輸、金融業界などで数多くのSIサービスの実績があり、CRM/BI、ネットワーク/業界ポータル、プラットフォームソリューションそしてITIL準拠のシステム運用など、ネットワークとミドルウェアの技術を組み合わせた価値あるソリューションを提供。併せて、ICT製品のディストリビューター事業を行っています。現在、成長ビジネスとして、クラウドコンピューティングをはじめ、BI(ビジネスインテリジェンス)を中心としたソリューション事業、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービス、ネットワーク機器の仮想化統合事業に注力しています。


※リリース中に記載されている会社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

→「Gridow(グリドー)サービス」紹介サイトは、こちら!


本件に関するお問い合わせ先

(報道機関からのお問い合わせ先)
日本情報通信株式会社
HRM統括 総務グループ 広報担当
白井/後藤
TEL:03-6278-1115
E-mail:koho@NIandC.co.jp

(本ソリューションに関するお問い合わせ先)
日本情報通信株式会社
ネットワーク&サービスマネジメント事業部

海野/張
Tel:03-6278-1200
E-mail:Gridow_sales@niandc.co.jp