ニュース

2013.01.04 [お知らせ]年頭のご挨拶 ハイバリュー・インテグレーションの推進!

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年が皆様にとりまして実り多き年となりますよう祈念いたします。

経済情勢の不安定さや自然災害の恐ろしさから募る不安を世界が抱える昨今、日本情報通信(NI+C[エヌ・アイ・アンド・シー])にとりましても2012年は厳しい状態が続きましたが、「クラウド・インテグレーションの推進」を合言葉に、NI+Cの強みを活かして、お客様の利用形態にあわせたソリューションを提供してまいりました。昨夏には新任役員も着任し、新たな執行体制のもと、業績の向上と更なる事業強化に向け、全社を挙げて取り組んでおります。今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

『ハイバリューインテグレーション』
NI+Cは、ハイバリューソフトウェアを活用したソリューション提供に力を注いでいます。
ハイバリューソフトウェアを最適に組み合わせて活用するソリューションを提供できること、また、そのインテグレーションを担って、商品開発、営業・宣伝、仕入・配送、経営企画・財務会計など、お客様企業の業務内容の最適化を実現し、お客様の経営課題解決に貢献することがNI+Cの強みを活かした役割です。2013年は、その技術・ノウハウ・経験を最大限に活かして、お客様の企業活動やシステムの最適化を実現する「ハイバリューインテグレーション」を積極的に提案してまいります。

ビッグデータとハイバリューソフトウェア活用ソリューション
ソーシャル・メディアの普及により、莫大な量のデータが刻一刻増え続ける現在、宝の山であるビッグデータから重要情報を早期発見し、ビジネスや経営戦略へ活用することが各社の命題になっております。「ビッグデータの分析」分野で多くの実績を持つNI+Cでは、多様なチャネルから得られる情報を分析して顧客特性に合致した提案を行ったり、お客様の声を分析して商品開発や品質問題の早期検知に役立てたりするお客様の事例が増えています。NI+Cは、ビッグデータの分析ツール『ICA』、『SPSS』、『SAS』と、大量データの圧倒的な高速処理を誇る『Netezza』(PureData System for Analytics)、大量の顧客関連データを分析し、キャンペーン活動を支援する『Unica』など、ハイバリューソフトウェアとNI+Cが豊富な実績で培ってきたソフトウェア技術により、企業内外に散在するビッグデータを活用した情報分析と将来予測によるビジネス最適化をサポートします。

クラウドによるグローバル化支援 ~サービス型ビジネスの強化~
NTTおよび日本IBMによる創立以来培ってきた情報技術とネットワーク技術を兼ね備えるNI+Cの強みを最大限に活かして、NI+Cが年来取り組んでいる「クラウド・インテグレーションの推進」は今後も継続してまいります。様々なクラウドとオンプレミスのシステムのスピーディーな連携、また、ハイバリューソフトウェアを活用したソリューションのクラウドサービスへの展開など、お客様の利用形態に合わせてご提供します。
短期に低コストでIT利用が可能となるクラウドサービスによって、海外との新規取引の迅速な立ち上げなど、海外進出日本企業のグローバル化のサポートを行います。

今後もお客様とのコミュニケーションを大切にしながら、NI+Cの「ハイバリューインテグレーション」によってお客様の業務内容の最適化を実現し、経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指してまいります。引き続きご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

日本情報通信株式会社
代表取締役社長