ニュース

2013.04.01 [プレスリリース]DACの広告配信サービス・システムの構築を支援
~ ビッグデータからユーザー属性を推定し、より精度の高いターゲティング広告配信が可能に ~

日本情報通信株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村 雅行、以下 NI+C)と日本アイ・ビー・エム株式会社(社長:マーティン・イェッター、NYSE:IBM、以下 日本IBM)は、インターネットを利用した広告やマーケティングプロモーションなどを行うデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋 弘毅、以下 DAC)が広告主や広告会社および媒体社向けに本日から提供開始する広告配信サービス「AudienceOne」の実現を支援しました。

AudienceOneの基盤となるシステムはビッグデータ分析が可能で、DACや広告主、媒体社やECサイトなどが保有する、性別や年齢などの属性が不明なユーザーの行動データからユーザーの属性や嗜好などを推定します。広告主や広告会社は、推定結果から、広告の対象となる商品と親和性が高いユーザーを直接指定して広告を配信できるようになり、広告配信やその他マーケティングの対象顧客選定の精度を高めることができます。本システムの構築は、NI+Cが支援しました。

本システムにおいて、ユーザー行動からユーザーの属性を推定する機能には、統計解析ソフトウェア「IBM® SPSS Modeler」を活用しました。SPSSにより推定したユーザー属性をターゲティング広告配信に利用できます。

また、大量データの高度な分析を短時間で実行するため、データベース基盤に「IBM PureData System for Analytics」を活用しました。これにより、分析アプリケーションに関するデータ・サービスが簡素化され、非常に複雑な処理でも数分間で完了することができます。

本システム構築に先駆け、NI+Cおよび日本IBMは、DACが保有する数百億以上のデータの中から約3万人分、1億件以上のWebサイト視聴データ(*)を抽出し、年齢や性別が不明なユーザーの年代および性別を推定する実験を行いました。その結果、ユーザーの年代および性別が不明な13,308件のデータにおいて、74.8%の確率で性別を判別し、年代の推定においては、62%から88%の確率でデータを4つの年代に分類できました。また、実験においては、サーバーのみで処理した場合は6分40秒かかるデータの分類をPureData for Analyticsの活用により27秒で処理でき、サーバーのみでは24分以上かかるデータ加工もPureData for Analyticsにより、62秒に短縮できました。DACはこの実験結果をもとにさらなる精度向上を図ります。

NI+Cは、このような高度な機能を持つハイバリュー・ソフトウェア群を最適に組み合わせて、システムの最適化を実現するインテグレーションを担い、お客様の企業活動を支援していきます。

(*)個人から使用許諾を得たデータです。

【日本情報通信株式会社】
日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。自動車業界とその関連業界をつなぐネットワークシステム「JNX」の構築・運用をはじめ、通信、運輸、金融業界などで数多くのSIサービスの実績があり、CRM/BI、ネットワーク/業界ポータル、プラットフォームソリューションそしてITIL準拠のシステム運用など、ネットワークとミドルウェアの技術を組み合わせた価値あるソリューションを提供。併せて、ICT製品のディストリビューター事業を行っています。現在、成長ビジネスとして、クラウドコンピューティングをはじめ、BAO(Business Analytics and Optimization)を中心としたソリューション事業、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービス、ネットワーク機器の仮想化統合事業を展開。近年は、クラウド・インテグレーション、ハイバリュー・インテグレーションを推進しています。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、PureData、SPSSは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。


本件に関する報道関係者お問い合わせ先

<日本情報通信株式会社>
HRM統括 総務グループ 広報担当
白井/後藤
TEL:03-6278-1115
E-mail:koho@NIandC.co.jp

<日本アイ・ビー・エム株式会社>
広報
松本
TEL:03-3808-4906
E-mail:mkanako@ibm.com