ニュース

2014.01.16 [プレスリリース]NI+C、米サイファークラウド社と販売代理店契約を締結
~ クラウド上の機密データを暗号化するセキュリティ・ソリューションの販売開始 ~

日本情報通信株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村 雅行、以下 NI+C[エヌ・アイ・アンド・シー])は、CipherCloud, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Pravin Kothari、以下 米サイファークラウド社)と販売代理店契約を締結し、同社が提供するクラウドデータ暗号化技術を用いたセキュリティ・ソリューション「CipherCloud」を日本国内で販売することになりました。NI+Cは、リセラー業務を担うことに加え、ディストリビューターとして、「CipherCloud」のライセンス、および初期設定済みのアプライアンスサーバーを提供開始します。

「CipherCloud」は、暗号化鍵を管理している「CipherCloud」ゲートウェイサーバーを経由して、SaaSアプリケーションのデータを暗号化し、クラウド上に保管することで、クラウド上のデータを安全に管理するソリューションです。SaaSアプリケーションやクラウドの種類を問わないため、「CipherCloud」を通じて、複数のSaaSアプリケーションやクラウドサービスを利用している企業での統合管理が可能となります。暗号化の他に、Tokenization※1という方式を利用することで、クラウド上に実データを保管せずとも、クラウドを利用しながら自社内でデータを保管ができるソリューションとして、米国の金融機関や欧州の政府機関などでの採用が急激に増えています。また、米サイファークラウド社は、Salesforce Platform上で提供される業務アプリケーションのマーケットプレイスAppExchangeの米国におけるパートナーです。「CipherCloud」は、Salesforce の各種アプリケーションと、Salesforce Platformによるカスタムアプリケーションにおいて、フィールド単位に暗号化の対象とレベルを指定することができる強力な機能を有しています。「CipherCloud」は、その他、AWS(Amazon Web Services)などのクラウドサービスにおけるRDB※2領域やオブジェクトストレージ※3領域の暗号化が可能なソリューションです。

NI+Cは、「CipherCloud」のディストリビューターとして、「CipherCloud」認定パートナーと共に、クラウドを既に活用している企業へ更なる安全な環境を提供する支援、クラウドのデータ保全に懸念を持つ企業への導入促進の支援をおこないます。

今回の販売契約締結に関して、米サイファークラウド社 CEOのPravin Kothari氏は、次のように述べています。
「『CipherCloud』は、データの社内管理、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンスなどの問題を解決するソリューションです。クラウド上のデータを保護するゲートウェイを一つにまとめ、評価の高い暗号化技術で、データをクラウドに送る前にリアルタイムに処理します。この度、日本情報通信株式会社が日本において当製品の取り扱いを開始されたことにより、クラウドにおけるセキュリティの課題解決をいち早く日本のお客様にご提供されることを期待します。」

また、「CipherCloud」認定パートナーとして協業する、株式会社セールスフォース・ドットコム代表取締役社長 宇陀 栄次氏は、次のように述べています。

「日本情報通信と米サイファークラウド社の提携を歓迎いたします。クラウドに限らず全てのシステムのセキュリティ強化策は非常に重要になってきており、世界最高水準の弊社のセキュリティを様々な技術で更に強固にして行く所存です。
日本情報通信株式会社は、その実装支援における先駆者であります。両社の提携が、弊社のサービスに付加価値をもたらし、日本のお客様の安心・安全に貢献するものと確信します。」

さらに、今回の「CipherCloud」に関する検証で、テクノロジー・サポート・パートナーとして協業したNTT Innovation Institute, Inc.(本社:米国San Mateo, CEO:Srini Koushik、略称:NTT I³ [エヌ・ティ・ティ・アイキューブ])のExecutive Vice President / COO 桑名 栄二氏は、次のように述べています。
「SaaS、PaaS等のクラウドサービスの利用が拡大する中、クラウド上のデータの保護が大きな課題となっています。例えば、保管場所(データレジデンシー)の問題、データ消失や漏洩へ対応、さらにデータ保護を目的とした各種法令への対応、プライバシーへの対応などがあります。このような課題に対して、クラウド上のデータを暗号化し、その鍵を安全に管理する技術とそのソリューションは、今後のクラウドコンピューティングの発展に必須であり、今回の米サイファークラウド社及び日本情報通信株式会社の取り組みに大いに期待しております。」

※1: 重要データの形式を保持したまま、意味をなさない別のデータに変換するセキュリティ技術。
※2: リレーショナルデータベースの略。リレーショナルデータモデル(関係モデル)に基づいて設計、開発される、複雑なデータの関連性を扱えるようにしたデータベース管理方式。
※3: ファイルとは異なるオブジェクトという単位でデジタルコンテンツを管理する、優れたスケーラビリティを持つストレージ。


【米サイファークラウド社について】

米サイファークラウド社はデータのプライバシー、レジデンシー、セキュリティ、コンプライアンスなど、企業のクラウドプリケーション採用に関する懸念を確実に取り除くためのクラウド暗号化およびトークン化ゲートウェイのリーディングプロバイダーです。「CipherCloud」の暗号化ゲートウェイは複数のクラウドアプリケーション間において機能や性能に影響を与えること無く、リアルタイムでSalesforce.com, Force.com, Chatter, Gmail, Office 365およびAmazon AWSを含む複数のクラウドアプリケーションを保護します。機密データを保護します。米サイファークラウド社は2011年にガートナーにより2011年のクラウドセキュティの注目すべきベンダーとして認識され、Andreessen Horowitz, Index Ventures, T-Ventureおよびドイツテレコムのベンチャーキャピタル部門を含むベンチャーキャピタルの支援を受けています。

【日本情報通信株式会社】

日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。自動車業界とその関連業界をつなぐネットワークシステム「JNX」の構築・運用をはじめ、通信、運輸、金融業界などで数多くのSIサービスの実績があり、CRM/BI、ネットワーク/業界ポータル、プラットフォームソリューションそしてITIL準拠のシステム運用など、ネットワークとミドルウェアの技術を組み合わせた価値あるソリューションを提供。併せて、ICT製品のディストリビューター事業を行っています。現在、成長ビジネスとして、クラウドコンピューティングをはじめ、BAO(Business Analytics and Optimization)を中心としたソリューション事業、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービス、ネットワーク機器の仮想化統合事業を展開。近年は、クラウド・インテグレーション、ハイバリュー・インテグレーションを推進しています。

記載の製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは、該当する各社・団体の商標または登録商標です。

【参考資料】CipherCloud 利用イメージ

CiperCloud 利用イメージ


本サービスに関するお問い合わせ先

<日本情報通信株式会社>br>
クラウド&マネージドサービス事業部
サポートサービス推進室
TEL:03-6278-1410
E-mail:cms-ss@NIandC.co.jp

本件に関する報道関係者お問い合わせ先

<日本情報通信株式会社>

HRM統括 総務グループ 広報担当
白井/後藤
TEL:03-6278-1115
E-mail:koho@NIandC.co.jp