ニュース

2015.03.25 [プレスリリース]日本情報通信、オートバックスセブンに個客ごとの マーケティングを強化する新基盤を提供
~ IBMの複数のソフトウェアを活用し 購買情報などのビッグデータ分析から パーソナライズ化したキャンペーンまでの一連の業務効率と効果を最大化 ~

日本情報通信株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:廣瀬雄二郎、以下 NI+C)は、株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下オートバックスセブン)が個々の顧客に適したマーケティングを迅速かつ効果的に進めるための新しいマーケティング基盤を構築しました。NI+Cは、膨大な顧客データを蓄積する「IBM PureData System for Analytics」や、セグメンテーションや顧客行動予測分析を得意とする「IBM SPSS Modeler」、数百万人の個人にターゲットを絞ってパーソナライズ化したキャンペーンを実施する「IBM Campaign」、スマートフォンユーザーを最適なタイミングと場所で引き付ける通知キャンペーンを作成する「IBM Mobile Push Notification」など、IBMのソフトウェアをお客様の業務フローに合わせて最適化するよう効果的に組み合わせ、購買データなどのビッグデータ分析からマーケティング・キャンペーンまでの一連の業務を支援するマーケティング基盤システムを提供しました。

オートバックスセブンは、カー用品、車検・整備、車買取、販売を提供する小売店舗で構成されるフランチャイズチェーンを運営しています。同社は、「ポイントアップカード会員」をはじめとする会員サービスを提供し、アクティブ会員695万人が利用しています。

オートバックスセブンは、従来、様々な部署で顧客の購買データを収集・利用してきました。2013年から、各種購買データの一層の活用と、オムニチャネルでのキャンペーンを迅速に展開する狙いで、マーケティング部門を強化すべく組織を再編成し、データ分析の一元化に取り組み、2014年11月、新しいマーケティング基盤を導入しています。

この新マーケティング基盤により、より短いサイクルでより高度な分析が実現し、その結果セグメンテーションの精度が向上しました。
また、顧客に身近なスマートフォンにタイムリーに情報提供することにより、例えば、スマホアプリを用いたあるキャンペーンでは従来のe-メールベースのキャンペーンに比べて、開封率が25%、コンバージョン率が55%向上するなど高い成果を実現しています。

NI+Cは、本システムの構築プロジェクトのプライムコントラクターとして参画し、IBMの個々の最新ソリューションをお客様の業務フローに適合するためにお客様と綿密な打ち合わせを実施し、またNI+C独自の説明会において、連携した製品群の業務定着化を推進するなど、オートバックスセブンの最適なマーケティング基盤運用定着も支援し、ビジネス拡大に貢献しました。

NI+Cは現在、ビッグデータ関連ビジネスに注力しており、データ分析領域での20年以上の経験を基に、データ収集から、ビッグデータ蓄積/高速処理とその高度な分析、更には分析結果を効果的に収益に繋げるためのキャンペーンマネージメントソリューションまで、お客様のご要望に応じたマーケティングソリューションを広くご提供しております。これらの実績で培ったノウハウを集積したデジタル・
マーケティングの推奨モデル「ぐるっとデモ」にてお客様へ最適なプラットフォームをご提供しております。

<< NI+C のビッグデータ・マーケティング支援モデル「ぐるっとデモ」サイト>>
http://www.niandc.co.jp/sol/gurudemo/

【日本情報通信株式会社】
日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。システム開発から基盤構築、ネットワークサービス、運用保守までをトータルに、
お客様ニーズに最適なICTソリューションを提案、提供し、さまざまな業界における大規模システムの経験が豊富です。
現在、成長ビジネスとして、ハイバリュー・ソフトウェアを活用したソリューション事業や、クラウドサービスをはじめ、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービスを展開。お客様の経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指しています。

記載の製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは、該当する各社・団体の商標または登録商標です。


本件に関する報道関係者お問い合わせ先

HRM統括 総務部 広報担当
白井/後藤
TEL:03-6278-1115
E-mail:koho@NIandC.co.jp