ニュース

2016.11.01 [プレスリリース]広島銀行、スマホアプリ等次世代サービス構築用クラウド基盤として
「NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス(NI+C Cloud BMD)」を採用

IBM Bluemixを活用した迅速なアプリ/Webサービス開発で、
お客さま向け商品・サービス強化、情報提供、地域活性化に貢献する新事業開発を支援

 

日本アイ・ビー・エム株式会社
日本情報通信株式会社

 

  日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)と日本情報通信株式会社(以下、NI+C)は、IBMのクラウド基盤「IBM® Bluemix Dedicated※1」上にNI+Cの構築・提供する「NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス(NI+C Cloud BMD)※2」が、株式会社 広島銀行(以下、広島銀行)の「イノベーション推進共通プラットフォーム」を始めとしたクラウド共通インフラ基盤に採用されたことを発表します。

  広島銀行は、本年8月に新事業開発推進室を新設し、お客さま・地域・ひろぎんグループの持続的な発展へ繋がる 「新たなビジネスモデル(新事業)の創出」 に取り組んでいます。今回、同行は、お客さまにとって安心・安全・便利でお得感を感じていただける高品質な商品・サービスの開発強化の一環として、スマートフォン向けアプリやWeb系サービスの拡充を図るため、「NI+C Cloud BMD」を採用しました。

  広島銀行は「NI+C Cloud BMD」を活用することで、今後、銀行の持つアプリケーション資産や情報資産と連携し、新サービスの開発・提供、低コスト・迅速なアプリ開発の実現、API公開による新たなパートナーとの関係創出、他行・他社とのAPI共有および協力会社との協業による地域創生等を推進します。

  日本IBMとNI+Cは、2015年10月に「地方銀行向けBluemixコンソーシアム※3」を設立し、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「FinTech(フィンテック)」を推進しています。両社は、本コンソーシアムの取り組みの一環として、広島銀行のクラウド共通インフラ基盤の構築・運用を支援します。この広島銀行のクラウド共通インフラ基盤は、「NI+C Cloud BMD」初の商用利用となります。

(参考)NI+Cアプリ開発・実行環境サービス(NI+C Cloud BMD)の概要について

hiroshimabank_image

※1 IBM Bluemix Dedicated(ブルーミックス・デディケイテッド)
エンタープライズ分野で採用が進むハイブリッド・クラウド環境では、企業の既存資産や地理情報などのインターネット上の各種サービスを組み合わせたアプリケーションやサービスの迅速な開発を進める一方、高いセキュリティーの確保や運用管理の効率化が求められます。「Bluemix Dedicated」は、Bluemixが提供する各種サービスに加えて、お客様専用のシングルテナント環境を提供することで、各種規制やコンプライアンスへの基準を満たします。また、VPN経由やネットワークに直接接続することで、自社環境と同じように利用することができます。IBMが基盤やサービスの運用管理を行うことで、お客様はアプリケーションやサービスの構築に注力できます。

※2 NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス(NI+C Cloud BMD)
NI+Cが日本IBMのクラウド環境「IBM Bluemix Dedicated」上に構築した、地方銀行向けBluemixコンソーシアム用のスマホアプリ/Webサービス開発・実装環境提供サービス。スマホアプリ/Webサービス開発・実装に必要十分な機能をパッケージ化したもので、主に以下のサービスにより構成されます。

  (1) Bluemix Dedicated環境接続サービス:各銀行の基幹システム等とIBM Bluemix Dedicated環境とを高セキュリティーかつ多様なネットワークで接続可能とする機能
  (2) Bluemix環境利用サービス:IBM Bluemix Dedicated環境を安全かつ簡便に利用可能とする機能
  (3) サービス環境運用サポート:各種QA対応、障害・メンテナンス対応等を一元的に受付
  (4) インターネット接続GW:顧客の利用環境(スマホ、PC等)とIBM Bluemix Dedicated環境を高セキュリティーにインターネット経由で接続可能とする機能
  (5) IBM Bluemix Public連携権:世界中のBluemix Public基盤上に構築された各種API(例:IBM Watson等)をオンデマンドに利用可能とする機能

※3 地方銀行向けBluemixコンソーシアム
日本IBMが運営事務局となり、地方銀行やアプリケーション開発パートナーの会員を対象に、「IBM Bluemix」をはじめとする最新テクノロジーやアジャイル開発手法などの定期的な情報交換や研修を行います。また、地方銀行が求めるセキュリティー要件を満たした金融機関専用のアプリケーション開発・実行のクラウド環境をNI+Cより提供します。

以上

 
 

【日本情報通信株式会社】 について

日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。システム開発から基盤構築、ネットワークサービス、運用保守までをトータルに、お客様ニーズに最適なICTソリューションを提案、提供し、さまざまな業界における大規模システムの経験が豊富です。現在、先進ソフトウェアを活用したソリューション事業や、クラウドサービスをはじめ、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービスを展開。
お客様の経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指しています。

 

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Bluemix、developerWorksは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

 


本件に関する報道関係者お問い合わせ先

日本情報通信 広報担当 後藤 Tel: 03-6278-1115
email:koho@niandc.co.jp

 

製品情報

Bluemix
http://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/

developerWorks Bluemixゾーン
http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/

Bluemix (NI+C サイト)
http://www.niandc.co.jp/sol/bluemix/