ENTRY 新卒採用 ENTRY キャリア採用

あなたの挑戦が、
未来を変えていく。

TAKAHIRO ABE 阿部 隆広
コーポレート企画部
人事育成担当 部長

チャレンジする意志を持った社員が、
活躍できるステージをつくる。

「おもひをITでカタチに」という企業理念を掲げ、お客様の新事業創出や業務改革のサポートで実績を重ねてきた日本情報通信は、チャレンジの場を求める社員に対して、仕事を通して成長する機会を与え、若いうちからプロジェクトを牽引するような責任のある立場を任せています。
だからこそ、新たに入社する社員に何より求めているのは、チャレンジしていこうとする姿勢です。入社後に、最先端のITが照らし出す未来の社会を見据え、その原動力となるテクノロジーを絶え間なくキャッチアップし、お客様の未来につながる積極的な提案とその実現に果敢に向かっていく挑戦心を期待しています。
入社前の皆さんには、最先端のITによって新たにどのようなサービスが生まれていて、社会がどのように便利になっていくのかといった、世の中の変化に対する好奇心を持ってもらいたいと思います。そうした好奇心が、入社後にチャレンジしていこうとする起点や原動力になります。
また、チャレンジを伴う大きな仕事を成功に導くには、周囲との協力を引き出すコミュニケーション能力も必要です。仲間と共にゴールを目指していく協調性にも期待します。
そうして、若いうちから自分自身が主役となり、成長と大きな手応えを得ていく。そのようなステージが日本情報通信にはあります。

数々の育成制度や支援風土に加え
自ら未来を選び取る制度がある。

チャレンジする意欲を持った社員が得られるのは、活躍の場だけではありません。高い意識を持って目の前のミッションに挑む社員には、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、マネジメントスキルなど、あらゆる面から自らを高める機会がたくさんあります。
入ったばかりの社員に基礎的なスキルを獲得してもらう新人研修から始まり、オンとオフ両面からサポートするチューター・メンター制度、配属先による実践的な教育へと続き、その後は階層ごとにきめ細かく用意している社内研修が、次のステップを前に必要になるスキルの獲得をカバーします。また、充実したNTTのヒューマン研修と、グローバル最先端のスキルを獲得できるIBM主催の技術研修の双方を受けることも可能です。そして、社員個人の意向をベースに上司とともにキャリアの設計と実行を進めていくCDP(キャリアディベロップメントプログラム)が、挑戦と成長の意欲を後押しします。

「会社をつくるのは人」
だから幸せに働ける仕組みを追求。

これまで、私たちはさまざまな業界や業種のお客様の成功を願い、おもひをITサービスというカタチに変えて提供をしてきました。これら数々のアクションの当事者は、一人ひとりの社員であることは言うまでもありません。その社員たちのパフォーマンスを自然に引き出すことを重要視する日本情報通信は、社員のワークライフバランスについても、COVIT-19をきっかけに、リモートワーク主体の就業環境の導入や健康経営にさらに力を入れ、常に社員が幸せに働ける環境の整備に努めています。
最新の取り組みとしては、社内の人事関連の複数のデータを一元管理する「タレントマネジメントシステム」の構築と社内導入を進めています。それまで人事担当者の経験とスキルに依存していた人材配置や人材確保の施策を、科学的データの裏付けで実施していくことにより、社員のパフォーマンスの最大化が図れるようになります。
日本情報通信は、自分が望む未来を描き、納得して挑戦していく日々、そして働きやすさを追い求めていきます。自らの可能性を最大限に広げたいと思う方と、ぜひ一緒に働きたいと考えています。