ENTRY 新卒採用 ENTRY キャリア採用

プロフェッショナルとして
誰よりもこの製品を理解する。

NATSUKI KANO 狩野 夏希
2015年入社/テクノロジー
01

多くのサイト運営担当者が驚く
Webサイト解析ツールを扱う。

入社4年目にWebマーケティングに関するソリューションを提供する部署に異動した私は、セールスエンジニアとしてWeb分析ツールの担当をしています。営業フェーズから運用フェーズまで幅広く携わり、ヒアリングから、提案作成、製品デモ、導入、運用まで対応しています。
顧客となるのは、BtoC・BtoBに限らず、自社で運用するWebサイトを通して事業の成功を引き出したいと考える企業様です。私が担当する分析ツールは、サイトを訪問したユーザーのマウススクロールの動きが分かるヒートマップ分析や、ユーザーのサイト上の動きを再現するリアルタイム分析ができることから、今までの数値分析では見えにくいとされていたサイトの課題が可視化されます。実際に、デモでこのツールに触れたサイト運営担当者の方には「コンバージョン率を上げるための気づきを得ることができた」と反響をいただくことが多いです。しかし、そういった反響を実際の契約へとつなげていくためには、お客様の事業背景やWeb戦略を把握しておくことが重要になります。そのため初回の商談の前には、必ず経営資料や広報発表、顧客サイトを隅々まで確認することを心がけています。

02

次々と世の中に
登場するソリューション
その一つひとつを検証し、
提案の幅を広げていく。

ITソリューションの多くはコスト削減などの企業の「守り」にポイントが置かれることが多いですが、マーケティングソリューションは売上拡大などの企業の「攻め」の方向への提案となります。この点は働く上でも大きなやりがいであり、担当ツールの機能を駆使してお客様への提案を考える過程はセールスエンジニアの醍醐味でもあります。とあるお客様から、既存のツールで行っていた計測を新たに更新するツールでも実施できないかと相談されたことがありました。私はツールが持つ機能をかけ合わせご要望を実現する方法を探し出し、結果として契約をいただくことができました。顧客のニーズを理解し、ツールの力を引き出すことができた経験のひとつです。
一方で、マーケティング領域は日々新しいソリューションが登場するため、情報をキャッチアップし続けることがとても大変です。しかし、チームメンバーと協力して進めていく未知の製品のリサーチ活動は、新鮮で面白いものでもあります。また、提携ベンダーの新製品であればいち早くトレーニングを受けられるなど、自社の強みも活かして提案の幅を広げていくこともできます。
お客様からのご要望は、時に所属する部門のソリューションのみでは達成できないこともあります。しかし、日本情報通信全体を見渡せば解答を提示できる場合も多いです。そのような場面に備え、他部門の勉強会に参加して総合的なソリューションの知識も身につけるようにしています。

03

プロフェッショナルの意識を
大切にし、自社のマーケティング
にも挑戦していきたい。

私は、担当するソリューション製品に対してはプロフェッショナルでありたいと考えています。特に現在担当しているツールは、部署の新製品として採用するために技術検証から携わってきたため愛着もありますし、この製品についてはこの会社で誰よりも詳しいという自負も持っています。誰かから製品についての依頼を受けた時に自信を持って役割を果たせるよう、強みであるトークスキルを磨きながら技術面もさらに向上させていきたいと思います。
この先多くの案件やプロジェクトに関わる中でWebマーケティング全般に視野を広げていき、いつか自社のマーケティング施策にも挑戦していきたいです。これまで磨いてきたセールスエンジニアとしての経験にマーケティング当事者としての経験を積み重ねることで、マーケティングのスペシャリストとしてさらに成長したいと考えています。