ビッグデータを高速で処理

膨大かつ多様なデータを高速に処理し、"業績に直結する事実"を見つけ出すこと。それこそが、ビッグデータ時代において企業を成功に導く鍵となります。いままで処理しきれなかった、数億にもおよぶデータレコードを、見逃していた"事実"にたどり着くデータに変換する。そのために「IBM PureData System for Analytics」は生まれました。増え続けるビッグデータを、これまでにない速さで支える、次世代の高速処理プラットフォームをご提案いたします。

ビッグデータの本格活用に欠かせない
超高速処理プラットフォーム 3つのポイント

ビッグデータ処理の超高速化がビジネス価値を創出

数億レコードを超える、大量データも瞬く間に処理。これまで数日を要していた分析用のデータ作りを分単位で実行し、ビジネスチャンスを広げます。

導入の労力とリスクを低減し、TCOを大幅に削減

初期導入コストはもちろんのこと、ランニングコストを大幅に削減。設計段階から分析業務に最適化された、DWHアプライアンスです。

管理・チューニングがほぼ不要。サポート・保守も一元提供。

インデックス、DBのチューニングが不要なため、初期導入からシステム構築、運用管理における作業を大幅に削減。もちろん、導入後のサポート・保守もお任せください。

「IBM PureData System for Analytics」と
NI+Cがビッグデータ処理の課題を解決します!

  • case01
    より詳細なレコード数で分析したい!
  • case02
    月末の報告まで待てない!
  • case03
    データ管理をもっと簡潔にしたい!

数億のデータも余裕をもってハンドリング

扱うデータ量やワークロードに合わせて適切なサイズの環境を展開できます。ペタバイトを超えるデータ容量においても、ほぼ線形のパフォーマンス・スケーラビリティを提供します。

膨大なデータから瞬時に示唆を導き出す

根幹テクノロジー「DBアクセラレータ」は、インデックスなしで従来のDBの100倍程の性能を発揮。FPGAを使用し、索引を使用することなく超高速なクエリーが実行可能です。

強力な統合環境が、繁雑な作業から解放

「System for Analytics」は、1つのDWHアプライアンスとしてハードウェア、ソフトウェア、ストレージをすべて統合した形でご提供します。導入サイクルを大幅に簡略化できるだけでなく、アセンブリやチューニング、メンテナンスも不要。データの運用・管理における作業を大幅に削減いたします。

ビッグデータ高速処理プラットフォーム「PureData」は、NI+Cにお任せください

日本情報通信株式会社(NI+C)は、NTTグループと日本IBMが出資する、システムインテグレーターです。大規模なナショナルクライアントのビジネス課題を、IBM製品を中心としたマルチベンダーによるH/W、S/W製品を組み合わせたソリューションで解決いたします。
IBMの全シリーズのハードウェアに対応するとともに、IBMソフトウェアのみならず、市場で利用されている多くのミドルウェアに関しても、専門の技術者がシステム設計、構築、保守をご提供します。先進のビッグデータ高速処理プラットフォーム「PureData」も、NI+Cにお任せください。

compose_img
  • ★『Smarter Commerce Collaboration Award - 2014』を受賞!

フォームでのお問い合わせ