陰で支えるデータベースセキュリティ

ビッグデータの活用には、強固なセキュリティ対策が欠かせません。大量の個人情報は企業の武器である一方で、ひとつ扱いを誤れば、企業の信頼失墜につながる大きなリスクにもなり得ます。IBM Security Guardiumは、すべてのDBアクセスログの取得、不正アクセスの検知・セキュリティ・監査レポート・監査ワークフローをすべて実現する、データベース・セキュリティ アプライアンスソリューションです。

リアルタイムにデータベースセキュリティを実現し、
監査体制を強力に支援します

すべてのDBアクセスログをDBヘの負荷を最小限に抑えて取得可能

会計・Web・DWH・コールセンターなど、複数の監視対象DBのアクセスログを統合的に全て取得することが可能。DBにエージェント「S-TAP」を常駐させるだけでほとんどDBに負荷をかけることなくすべてのアクセスログ取得を可能としました。また、重要なデータへの不正アクセスを検知した場合にはデータにアクセスする前にアクセスを遮断することも可能。

大量の個人データなど、情報漏洩による信用失墜を未然に防ぐ

機密データへの不正アクセスが発生した場合には、必要最低限の指定された管理者に警告を送信するリアルタイム・アラート機能を実装。万一、内部犯行によるリスクが発生しても、速やかに漏えいを防ぎます。

幅広い監査に対応する70種類以上のレポートテンプレート

許可および無許可のデータ・アクセスを含む、すべてのトランザクションを監視。監査データを一元的に集約し、企業規模のコンプライアンスやレポート作成、調査に対応します。

「IBM Security Guardium 」とNI+Cが
ビッグデータのセキュリティを堅守します!

  • case01
    大量の情報漏洩につながる内部犯行を防ぎたい
  • case02
    外部からの指摘に対応可能なログ保管が難しい
  • case03
    日本有数の導入実績を誇るチームがサポートいたします
compose_img

すべてのアクセスログを取得できる監査システムで内部統制を実現

不正なアクセスは、外部からの侵入だけとは限りません。身近な内部犯行を防ぐ一つの有効な手段として、全てのアクセスログを取得しているという事実から、大きな抑止力が生まれ、内部統制につながります。「すべてを見られている」ということが抑止力となります。

compose_img

取得したログは独立管理で改ざん不能

漏れなく取得したログを格納する場所はDBから独立したGuardiumのアプライアンスサーバーです。従って取得したログを極めて安全に保管することが可能です。セキュリティ監査で実現が難しいと言われている「ログの保全性の担保」が確立できます。

compose_img

NI+Cは日本で唯一のL1サポートパートナーです

「停止手順を忘れてしまった」「監査ログが収集できなくなった」などといった際も、ご安心ください。NI+Cは、日本で唯一のGuardiumのLevel1サポートセンターを保有し、問題の適切な切り分けや、メーカーへの対応取り次ぎなどをサポートいたします。40サイトを超える導入実績を誇るNI+Cが、お客様のデータベース・セキュリティを守ります。

セキュリティ・監査のアプライアンスソリューション「IBM Security Guardium」は、NI+Cにお任せください

日本情報通信株式会社(NI+C)は、NTTグループと日本IBMが出資する、システムインテグレーターです。大規模なナショナルクライアントのビジネス課題を、IBM製品を中心としたマルチベンダーによるH/W、S/W製品を組み合わせたソリューションで解決いたします。
IBMの全シリーズのハードウェアに対応するとともに、IBMソフトウェアのみならず、市場で利用されている多くのミドルウェアに関しても、専門の技術者がシステム設計、構築、保守をご提供します。ビッグデータのセキュリティ・監査を総合的にサポートする「IBM Security Guardium」も、NI+Cにお任せください。

  • ★『Smarter Commerce Collaboration Award - 2014』を受賞!

フォームでのお問い合わせ