Plan Bのおすすめ Bluemix デモサイト

お問い合わせ

  • トップ
  • Visual Recognitionを使った画像分析

Visual Recognitionを使った画像分析

画像分析

概要

WatsonAPIには手軽にディープラーニングの機能を利用できるサービスが豊富に揃っております。 本デモではユーザ独自の画像判別モデルを手軽に作成出来るAPI「Visual Recognition」を使い、お菓子画像を自動で判別するデモをご紹介します。

  • 学習データ
    今回はハッピーターンとばかうけの画像をWatsonに学習させます。

    • 学習データ例:ハッピーターン

ハッピーターン

  • 学習データ例:ばかうけ

ばかうけ

アピールポイント

1からプログラムを作成するには複雑な画像分類処理(ディープラーニング)を、Watsonに画像をアップロードするだけで手軽に利用する事が出来ます。

ユースケース

  1. 人手で行っていた目視チェックを自動で行う
  2. システムへ投入前に画像の事前フィルタリング・分類を行う

利用サービス

  • php
  • VisualRecognition

料金

  • 想定月額料金

    ¥15,135

    ※本月額料金は2017/01時点のプランを元に算出。利用サービスごとの料金算出は以下の通り。

  • php
    以下の利用方法に基づいた1ヶ月のそ想定金額になります

    • 256MBのphpランタイム上で24時間アプリケーションを稼働させる

    ((1GB x 24h) x 30day) - 375GB) x 7.35 = ¥2,535

    • (補足情報)2017/01時点のプラン

      ¥7.35 JPY/GB 時間
      (無料枠)375 GB 時間

  • VisualRecognition
    以下の利用方法に基づいた1ヶ月の想定金額になります

    • 1週間に1度VisualRecognitionに対して画像データをアップロードし、再学習を行う
    • 1日1000回のAPIコールが発生する

    ((4 x ¥10.51) + (30000 x ¥0.42)) = ¥12,600

    • (補足情報)2017/01時点のプラン

      イメージ・タグ付けイベント従量制課金:¥0.21 JPY/イベント 顔検出イベント従量制課金:¥0.42 JPY/イベント トレーニング・イベント従量制課金:¥10.51 JPY/イベント カスタム・タグ付けイベント従量制課金:¥0.42 JPY/イベント

デモ一覧に戻る

IBM Cloud を使った
開発・運用、ライセンスのことなら
日本情報通信にお任せください。

IBM Cloudについての
お問い合わせはこちら