ニュース

IBM Bluemix Challenge 2015にて、NI+CがPartnerWorld賞を受賞しました。

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:廣瀬雄二郎、以下 NI+C)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下:日本IBM)主催のコンテスト「IBM Bluemix Challenge 2015」のPartnerWorld賞(スポンサー賞)を獲得しました。

IBM Bluemix Challenge 2015は、「新しい未来への予感」をテーマに、IBMのPaaS型クラウドサービスであるIBM Bluemixを利用して新しいアプリケーションやサービスを開発するコンテストです。先進性・独創性・実用性の高さ、社会への貢献度、コンパクトさなどの基準で審査されます。

今回、NI+Cのクラウドソリューションを担当する部署より新入社員2名がIBM Bluemix Challenge 2015に挑戦し、PartnerWorld賞を獲得しました。スキルの十分でない新入社員を周囲がサポートし、短期間でアイデアを具現化することができた点は、挑戦した新入社員だけでなくサポートした周囲も驚く結果でした。

PartnerWorld賞を受賞した作品は、一人暮らしの女性をターゲットに、帰宅前に自宅の電気点灯、及び離れて暮らす家族への通知メールを送信する、安心提供アプリケーション「ハートフルセキュリティ」です。「ハートフルセキュリティ」はIBM Bluemixで提供されているNode-REDを用い、短期間で開発できたことや、社会問題を捉えたニーズのあるアイディアが評価されました。

 

<<IBM Bluemix Challenge 2015>>

https://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/contest/index.html

 

<< NI+Cクラウドインフォメーションサイトのご紹介 >>

NI+Cは、自社のNI+C Cloud、IBMのSoftLayer、NTT CommunicationsのEnterprise Cloudなど複数のクラウドを利用し、お客様の課題解決をお手伝い致します。
各種技術情報、営業情報などをクラウドインフォメーションサイトにて提供しております。

http://niccloud.niandc.ne.jp/

一覧に戻る