ニュース

[セミナーレポート] 顧客接点を最適化する "AI×デジタル" マーケティングセミナー


2月16日にSAS Institute Japan株式会社と日本情報通信株式会社(以下、NI+C)の共催で、「顧客接点を最適化する "AI×デジタル" マーケティングセミナー」を開催しました。皆様の"AI×デジタル" マーケティングに対する興味が高いためか、当日は想定を上回る多くの方々にご参加いただきました。


今回のセミナーでは、まず顧客接点においてAIが求められている背景とマーケティングシステムに求められる機能を整理し、その機能を充足するSASソリューションと事例をご紹介しました。NI+Cは、アプリ開発や外部API連携実装など、SASにて提供されていない機能をカバレッジするNI+Cマーケティング支援サービスをご紹介し、アプリのデモンストレーションも実施しました。



<当日のアジェンダ>

1. ソリューション全体早わかり

2. ソリューション機能ハイライト&デモンストレーション

3. NI+Cマーケティング支援サービス紹介

4. クイックスタートサービス



1. ソリューション全体早わかり


まずは、現在のマーケティング分野でのトレンドについて説明がありました。

(1)顧客接点の「おもてなし」が競争優位性に

(2)オムニチャネル・ジャーニーで「おもてなし」が複雑化


このような複雑な環境下で、随時変化する顧客に対応していくにはどうしたら良いのでしょうか。


解決策は、AIが最適な顧客対応を演出をする!

「AI × デジタル」ならではのパーソナル・レコメンデーションをする必要があるのです。


顧客主体の行動にAIが自律的に適応していく。

これを実現するのがSASソリューションであり、SASの「AI × マーケティング」ビジョンです。

SASのソリューションが優秀なコンシェルジュとして、究極のパーソナライズ体験を提供するのです。


SAS_170216.png


2. ソリューション機能ハイライト&デモンストレーション


今回は、架空の金融機関「SAS銀行」がSASソリューションを用いて行うオムニチャネル・マーケティングをデモンストレーションを交えてご紹介しました。


SAS_170216_2.png SAS_170216_3.png
SAS_170216_6.png SAS_170216_7.png SAS_170216_8.png



3. NI+Cマーケティング支援サービス紹介


NI+Cでは、マーケティングシステムの導入だけではなく、その周辺で必要となるサービスをご提供し、お客様のマーケティング活動をサポートします。

(1) データソース追加

(2) セグメンテーションニーズの深堀

(3) シナリオ作成の支援

(4) デジタルチャネル追加支援

(5) オフラインチャネルとの連携

(6) KPI定義カスタムレポート

(7) マーケティングインフラの導入・刷新

SAS_170216_4.png SAS_170216_5.png



4. クイックスタートサービス


SASとNI+Cが提供するクイックスタートサービスをご紹介しました。両社がタッグを組むことで、包括的なサービス提供を実現します。


◆ソリューション

・クイックスタート可能なクラウド型マーケティングソリューション「SAS Customer Intelligence 360」

◆業務(施策開発)

・顧客分析による仮説立案

・カスタマージャーニー、コンテンツの企画から実装、運用

◆システムエンジニアリング

・DWH、チャネルなど周辺システムとMAを統合するSIサービス


NI+Cは、お客様が今後もSASのソリューションを有意義に、顧客接点を最適化する "AI×デジタル" マーケティングとしてご活用いただけるよう、今後もSAS社と共に尽力してまいります。



★NI+C SASソリューション情報は下記をご覧ください。

https://www.niandc.co.jp/sol/sas/


★本ソリューションに関するご相談は、下記までお問い合わせください

SAS導入についてフォームより相談する 

一覧に戻る