ニュース

【6/15開催】AWS,Azure環境ではIT運用は不要??
 〜クラウド環境で継続すべきIT運用を自動化、最小ワークで実現する方法〜



運用監視は"自動化"が鍵!運用負荷を軽減して実現する方法をご紹介

AWS,Azure等クラウド環境に移行しても、ユーザーが実施すべきIT運用は決してなくなりません。本セミナーでは、その代表であるアプリケーション監視や問題判別・インフラを常に最適な状態にするパフォーマンス管理を継続的に実施する方法をご紹介します。
AI機械学習により障害検知やレスポンス遅延の原因分析にかかる労力と時間の削減、可用性の向上の実現に向けた、貴社のクラウド時代でのIT監視の姿をイメージいただける絶好の機会です。ぜひご参加ください!



開催概要

日時   : 2022年6月15日(水) 16:00-16:45
参加費  : 無料
主催   : 日本アイ・ビー・エム株式会社
協力   : 日本情報通信株式会社
開催方法 : オンラインセミナー

★お申込みはこちらをクリックしてください★



このようなお客様におすすめ

• 今後自社のIT環境をAWS、Azure、GCPのクラウドに移行検討されている、あるいはご利用中の方
• 今後APM(アプリケーションパフォーマンス管理)製品を検討されている方
• クラウドのリソース管理に課題を持たれている方


プログラム  *プログラムは予告なく変更される場合がございます。何卒ご了承下さい*

1. AWS、Azure、GCPのクラウド環境におけるIT運用監視の課題と解決アプローチ
2. AIを活用したIT運用監視の姿(デモンストレーション)

一覧に戻る