対話型自然言語解析AIエンジンCOTOHA Virtual Assistant

NTT研究所の40年に亘る自然言語処理研究成果が活用された
高い精度で人の言葉を理解するAI(人工知能)エンジン

「COTOHA® Virtual Assistant」(略称:COTOHA VA)は、人の話し言葉や書き言葉を高い精度で分析・理解し、エンドユーザーのお客様とコミュニケーションをしながら、問い合わせ対応、企業内のヘルプデスク業務、電話やSNSを介した販売活動などを行う「対話型自然言語解析AIエンジン」です。NTTグループが40年以上にわたって蓄積した日本語処理技術やデータベースを活用した言語処理力で、自然な日本語での対話を可能にします。


  • 概要と特長

  • 活用例

  • お問い合わせ

「COTOHA® Virtual Assistant」とは

「COTOHA® Virtual Assistant」(略称:COTOHA VA)は、お客様とコミュニケーションをしながら、お問い合わせへの回答だけでなく、様々な外部システムとの連携により残高照会や請求書発行などの業務処理まで行う「対話型自然言語解析AIエンジン」です。NTT研究所の40年にわたる自然言語処理研究成果を活用し、高い精度で人の言葉を理解できます。閉域網接続も可能で、セキュアな環境下で安心してご利用いただけます。

cotoha-va_diagram.png

【参照】NTTコミュニケーションズの「COTOHA® Virtual Assistant」説明ページ

自然言語解析で柔軟なアプローチ
~お客様の言葉を理解して会話を進めることが可能~

COTOHA VAは、一般的な構文解析だけでなく、文脈に応じた各単語の意味まで解析し、お客様の言葉を理解します。発話の内容から、形容詞だけを抽出したり、地名に関する名詞だけを抽出して、品詞別のタグ付けや係り受けの関係性を設定することが可能なため、より自然な会話を導きます。

GUIでシナリオ設定
~対話シナリオをGUIで容易にメンテナンス可能~

対話シナリオ作成画面や一問一答登録画面など、対話エージェントの動作をGUIで設定可能です。作業レクチャーでスキル習得していただくことで、自社メンバーのみでメンテナンス可能です。

人間とAIのハイブリッド応対
~オペレーターによるチャット対応を併用することが可能~

COTOHA VAにはオペレーターチャット機能が標準装備されており、利用者がオペレーターとの会話を希望する場合や、オペレーターの任意のタイミングでbot会話を引き取ることが可能です。利用者とbotとの会話の様子を見ながら、必要な時にはオペレーターが会話を引き取るといった運用が可能です。すべてをAIに頼るのではなく、AIでは回答できない内容は人間にエスカレーションすることで、お客様への気遣いが行き届いたフォローやサポートをご提供することが可能になります。

閉域網利用でのセキュリティ対策
~データのセキュリティを重視した安全で安心な環境で利用可能~

COTOHA VAはNTTcomクラウド上で稼働するお客様占有環境のSaaSであり、お客様サイトとのネットワーク接続についてもVPNによる閉域網接続が可能です。そのため、外部からのアクセスを遮断した状態でデータの取り扱いが可能となります。

初期構築期間約1ヶ月のみで標準機能提供
~NI+C直販での簡易PoCは最短10営業日で利用開始可能~

PaaSを組み合わせて対話システムを構築する場合は、機能実装や非機能実装(冗長構成、ログ出力機能などのユーティリティ)を設計・実装・試験するための開発期間が必要となりますが、COTOHA VAは完成形をSaaSで提供するため、初期構築期間のみで利用可能となります。初期構築期間はお申し込み後、およそ1ヶ月です。また、NI+CはCOTOHA検証環境を保有しているため、NI+C直販での簡易PoCであれば、最短10営業日でご利用開始可能です。

チャット画面を多様にカスタマイズ
~豊富なチャット部品を持つNI+Cオリジナルチャット画面機能でオプション選択可能~

COTOHA VAと連携可能な、NI+Cオリジナルの多機能なWebチャット画面機能「WebチャットUI」を月額で利用できます。この機能を利用されると、チャット画面上のメッセージ表示形式を選択できたり、お好みのアバターを表示させたりすることが可能になります。またアンケート機能も搭載していますので、チャット画面上でアンケートを実施したり、集計したりすることも可能です。「WebチャットUI」は、SaaSでもオンプレミスでも、お客様の状況に合わせてご提供いたします。
※LINEやFacebookなどのメッセージアプリに連携可能です。

COTOHA VAはビジネス現場で様々にご活用いただけます。ここでは、NI+Cオリジナル機能やNI+Cに導入実績がある他製品と組み合わせ例など、NI+Cならではの活用例をご紹介します。

case_01.png case_02.png case_03_new.png

 

1LINEによるお客様対応 ~ One to Oneマーケティング ~

今やインターネット接続に最も使われている機器とされるスマートフォン。スマートフォン利用者数の増加に伴い、LINEご利用者も増加傾向にあります。そんなお客様の状況に合わせて、LINEを利用したOne to One マーケティングを「LINE会話バーチャルアシスタント」が実現します。「LINE会話バーチャルアシスタント」は一問一答の対応だけでなく、お客様との会話を通じてお勧めの商品を紹介したり、LINEポイントの抽選をベネフィットとしたシナリオ型アンケートを実現できます。

▼ モバイルサービス提供会社様の利用イメージ
バーチャルアシスタントとして登場するモバイルサービス提供会社様のキャラクターが、お客様との自然な会話を通じて、お客様のニーズに合ったモバイル端末やサービスをお勧めします。お客様との会話の中からレコメンドの根拠となるキーワードを抽出して、お勧めを探すことが可能です。エージェントであるキャラクター(バーチャルアシスタント)のプロフィールについてなど、雑談にも応答します。エージェントのキャラクターで対応できない話題は、そのまま実在のオペレーターが対応します。

mobile_line_sample_01.jpg mobile_image.jpg




※標準のCOTOHA VAサービス導入企業のユーザー様は、LINEアカウントをご用意いただくだけで、
「LINE会話バーチャルアシスタント」をご活用いただけます。

case01_systemimage.jpg





2ホームページ上でおもてなし ~ WEBチャットFAQ ~

※NI+Cオリジナルの「WebチャットUI」をご用意

会社案内や商品説明を掲載している企業のホームページに来訪されたお客様をバーチャルアシスタントが「おもてなし」します。ただ文字を読んでいただくだけでなく、バーチャルアシスタントがお客様とWebチャットで会話をして対応することで、企業に親しみを持っていただいたり、商品を知っていただいたりする機会をつくります。
単純なチャットボットのFAQ対応ではなく、チャット画面に対応者のアバターを表示させてCOTOHA VAならではの高度なコミュニケーションを実現したり、チャットの最中に会話の相手へのメッセージにアンケートを付加したりすることも可能です。

  • ・表示形式選択:  豊富な表示形式をご用意し、チャット画面に多彩なメッセージを表示します。
  • ・アバター機能:  アバター発話と連動した動作を行います。(動きます)
  • ・アンケート機能: お客様のフィードバックを簡単に受け付けられるパーツをご用意しています。

webchat_avatar.jpg  wenchat_survey.jpg




case02_systemimage.jpg





3社内申請の自動化 ~ COTOHA VA + WinActor(RPA) ~

NI+Cで取り扱っているRPA「WinActor」との連携により、勤怠情報や交通費申請など、社内の様々な申請業務に必要な情報の入力などの処理を自動化することが可能です。また、社内システムの利用方法やライフイベント時の社内手続きなどのお問い合わせ対応にもCOTOHA VAを活用していただけます。



★Communication Engine「COTOHA® Virtual Assistant」の説明資料をご所望の方は
こちらをクリック!



★Communication Engine「COTOHA® Virtual Assistant」に関するお問い合わせ
こちらをクリック!




【参考】COTOHA VA 導入のロードマップ

スムースな導入を実現するために、以下のようにプロジェクトを進めます。
進め方についてはカスタマイズ可能ですので、ご要望をお知らせください。

cotoha-va_roadmap_03.jpg
・このステップを必ず踏んでいく必要はありません。すぐに本格導入していただくことも可能です。
・本番サービスおよびPoCは有料になります。トライアルは無料で実施可能です。
・具体的な費用についてはお問い合わせください。

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。