進化する統合EDIソリューション ~流通BMS対応/マルチプロコトルパッケージ~EDIPACK

【EDIPACKとは】30年前、大手日用品化粧品メーカにおいて製造業・小売業務向けEDI(電子取引)に応じるため自社開発した仕組みが原型。 現場要望を網羅し市場ニーズを取り入れる事により業務効率化とコスト削減を達成。EDIPACKとして1996年に製品化、EDI統合ソリューションとして現在も成長進化。

①: サーバ設置型からクラウド(IaaS/ASP) まで、幅広い実現手段を選択可能

スモールスタートもOK!(1接続先から構築可能)

②:業種業態を問わない数多くの実績

業界をリードする豊富な実績。国内有数の有名企業様に多数御採用いただいております。

③:開発元である日本情報通信自身が直接保守

信頼度が高く、安全安心なEDIサービスをご利用いただけます。

④:オーダーマネジメントサービス(OMS)による基幹システム/ERPとの連携も充実!

法人企業さまにとって「お取引先からのリクエスト」と「自社の主体的な仕組み」の両立はきわめて重要です。弊社OMSはこの2つのニーズを実現する仕組みを分離することで法人企業様のサプライチェーンをご支援します。

EDIPACKの豊富な製品群をご紹介します

EDIPACK21(AIX,RedHat) iEDIPACK (iOS)

EDI実運用者の豊富な経験とノウハウを “オールインワン”でパッケージング! 次世代EDI、流通BMSに対応

  • ■基幹システムとの連携:FTP、MQ、HULFT、R/3
  • ■マルチプロコトル:JCA、全銀、全銀TCP/IP、FTP、SFTP、HTTP(WEB型)、 ebXML-MS、EDIINT-AS2、JX、メール連携
  • ■集配信管理、運用監視
  • ■スケジューラ:取引先、基幹システム、コマンド実行

EDIPACK/Translator:ファイルコンバージョンツール

取引先ごとのフォーマット/文字コードの違いを吸収する「汎用EDIメッセージ変換ツール」

  • ■各種トランスレータ:固定長・CSV・iDOC・XML・CII・UN/EDIFACT
  • ■ファイルレイアウト変換(マッピング)
  • ■文字コード変換

EDIPACK/eXchange :XMLデータ格納・活用型エンジン

XMLデータ固有処理を基幹システム側で対応することなく、流通BMSへ短期間で対応が可能な「XMLデータベースエンジン」

  • ■XMLデータ変換:XML・固定長・CSV
  • ■XMLデータ格納(蓄積)・継承機能
  • ■組込み関数によるデータ整形機能
【お問い合わせ先】
日本情報通信株式会社
バリューオペレーション本部
EDIサービス部
e-mail : nicinfotrade_sales@niandc.co.jp


お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。