クラウドで実現する次世代アンチウイルスマネージドEDRサービス

CrowdStrike Falcon®️プラットフォームにより検知された被疑端末の隔離、脅威検知に至る攻撃経路や影響範囲の把握、 復旧・調査支援を実施します。

EDR運用サービス

セキュリティアラート受領、インシデント管理、インシデント対応、月次レポート、インフォメーション提供を実施します。

次世代アンチウイルス

標準的なアンチウィルス製品では検知できないファイルレス攻撃やインメモリ攻撃などの巧妙な攻撃を機械学習や振る舞い分析の機能で検知します。

運用のしやすさを重視したEDR

見やすいプロセスツリーで、攻撃活動の全貌が詳細に調査可能です。被疑端末は1クリックで封じ込め、攻撃を即座に止めることができます。

脅威ハンティング

CrowdStrikeの精鋭チームが24時間365日体制でお客様の環境を監視しプロアクティブにハンティング、調査を行います。 EDRでは検知できない高度な攻撃を検知します。

クラウド型サービス

サーバーレスなため導入・運用が簡単です。 そのため管理・運用コストも削減されます。

こんな課題にお薦めです

運用サポートのご提供

導入後のインシデント対応や、日々のセキュリティアップデートのサポートがほしい。

  • 導入後の保守サポートも提供可能なので安心してご利用いただけます。
  • セキュリティ専門メンバーによる運用体制で、脆弱性情報を収集し回避策のご案内と実施を行います。

高度化している脅威に対抗

テレワークでもエンドポイントを安全に使いたい。シグネチャベースのアンチウイルスソフトでは高度化している脅威に対抗できない。

  • 未知/既知のマルウェア、ランサムウェア、ファイルレス攻撃への対応を実現します。
  • 被疑端末に対して遠隔から状況の確認、対処が可能です。

エンドポイントへの負荷軽減

標準的なアンチウィルス製品によるフルスキャンに多くの時間が必要。エンドポイントへの負荷も大きい。

  • 1つの軽量なエージェントで実現。
  • カーネルモードで動作するため豊富なログの取得が可能。
  • エージェントの初期導入および更新時に再起動が不要です。

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。