効率性・生産性の高い営業の実現をサポートするBtoB向けマーケティングオートメーションOracle Eloqua

顧客一人一人に寄り添ったナーチャリングとマーケティングと営業の強固な連携を実現します。

今の営業に課題・限界を感じていませんか

業務過多による生産性の低下

営業担当1人が担う業務が膨大であり商談に集中できず全体の生産性が上がらない

新規顧客が商談化に繋がらない

展示会やセミナーを実施して顧客を発掘しても中々商談に繋げることが出来ない

コロナ禍での営業の限界

コロナ禍で顧客とのコンタクトがなかなか取れずに営業の実績が落ちてきてしまっている。。。                        

適切な時に提案ができていない

購買サイクルが長い製品を取り扱っていたり、お客様が求めていないときに提案したりで、お客様が必要なタイミングで提案ができていない





これらは足で稼ぐ「フィールドセールス」の課題とも言えます。


新しい営業スタイルとして「インサイドセールス」という手法が伸び始めてきています。

インサイドセールスとは

電話、メール、ビデオ会議システム等を用いて顧客とのコミュニケーションを図ることで、
見込み顧客から顧客への育成を行い、成約可能性の高いリード(ホットリード)を作り、営業担当者に引き継ぐ手法です。









インサイドセールスのメリット



営業の効率化による生産性の向上

顧客属性・行動を分析し、見込み顧客を顧客へ育成。裏付けのある顧客リードを営業へ連携が可能になることで、商談・案件獲得、スピード受注の向上が期待でき、効率性・生産性の高い営業を実現することが可能になります。                        

人員不足・少人数のカバーが可能に

インサイドセールス担当がいることで、少人数で多くの見込み顧客へ電話・メールでアプローチを行うことが可能になり、営業はホットなリードへ集中して訪問・商談出来ます。そのため、少人数の営業部でも高い成果を挙げることが出来ます。

コロナ禍のオンライン営業化への対応が可能

インサイドセールスでは、基本的に顧客へ電話・メールでアプローチを行います。そのため、近年のリモートワークやオンライン営業に対応でき、コロナ禍の中でも継続した営業を行うことが可能になります。









日本のインサイドセールス実施例

顧客との接点の少なさによる案件減少を問題視していた、H社のケースでは、インサイドセールスを取り入れるために、 デマンドセンターを立ち上げ、さらにMAツールを導入してスコアリングやリードナーチャリングの運用を支援、 その結果、問い合わせ数が導入前後で約6倍、Webページへのアクセス数は15倍増に飛躍的に上がりました。









Oracle Eloquaは見込み顧客育成をサポート









Oracle Eloquaの概要

Oracle Eloquaは顧客一人一人にパーソナライズされたOne to One マーケティングを実現しつつ、営業も活用できるMAツールです。









Oracle Eloquaの特長

  • 「顧客属性」 × 「顧客行動」データによるセグメントを柔軟に作成

  • ドラッグ&ドロップで洗練されたコンテンツ(Eメール、LP、フォーム)を素早く・簡単に作成

  • 直感的・視覚的に優れたキャンペーン・シナリオを設計&自動実行

  • 見込顧客の興味・関心度合いを自動スコアリング

  • キャンペーンで獲得・育成した各見込顧客の興味や関心ポイントを営業が把握


リードスコアリング機能
【属性×行動データ×時系列データ】による柔軟なスコアリングで
見込顧客の興味・関心度合いを可視化



作成画面1


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

作成画面2


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

レポートサンプル1


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

レポートサンプル2


(↑画像クリックで大きな画像を表示)


コンテンツ作成機能
専門な知識も必要なく、誰でも簡単に顧客の行動に応じた
マーケティング施策を自由に作成・配信することが可能です。

営業連携機能
マーケティング部門が得たデータをフル活用、
顧客一人一人の"今"を詳細に把握するダッシュボード

  • Salesforce.com社のsalesforce、Oracle社のSales Cloud、Microsoft社のMicrosoft Dynamicsと連携により更なる活用が可能

  • マーケティング部門で得た顧客のアクティビティ情報を営業に共有し、一目で把握することが可能

  • 営業が「必要な情報を」「必要なタイミングで」「容易に」アクセス可能

  • 顧客の基本情報だけでなくEメール / LP / フォームといったオンライン・アクティビティや外部アクティビティ、各種リード・スコアリング状況の把握が可能。


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

 Oracle Eloquaに関する
詳細資料やお問い合わせはこちら 


お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。

製品のQ&Aはこちら