エンタープライズグレードのコンテナプラットフォームRed Hat OpenShift

パブリッククラウド・オンプレミス・ハイブリッドクラウド…あらゆるインフラストラクチャに、アプリケーションを迅速に展開できるオールインワンのコンテナプラットフォームに、企業ユースに必須の長期サポート・高度なセキュリティ対応をプラスした製品です。

Red Hat OpenShift とは

仮想マシンより軽量・高速

仮想マシンは汎用OSが導入されるのに対し、コンテナはアプリケーションの実行に必要なモジュールだけがパッケージングされているため、軽量で高速に動作します。 仮想マシンと比較して高い集約率で、ハードウェアリソースの最適化が可能です。



RH4.png
自動化されたインフラ

アプリケーションの負荷に応じて稼動するコンテナを自動的に増減する(オートスケール)、障害検知時に自動的に回復する(自己修復)、といった自動化されたインフラにより、運用コスト・作業によるエラーを削減するとともに、インフラの効率性を向上します。

RH3.png
高い可搬性

コンテナプラットフォームにより、アプリケーション開発者はOSやインフラの違いを意識せず、アプリケーションを開発できます。 システム運用者はアプリケーションの種類・開発言語を意識せず、コンテナで共通化された手順で様々な環境へ展開・運用ができます。

RH2.png
DX対応へアプリ開発の迅速化

コンテナプラットフォームに含まれるCI/CD環境ツールにより、プログラム開発後のビルド・コンテナ化・展開の各プロセスを自動化し、アプリケーションの迅速な開発・展開を実現します。 ビジネス環境の変化が激しいDX時代における、ITシステムの高頻度開発に応えます。

RH1.png





Red Hat OpenShift における「安心のサービス」

エンタープライズグレードのコンテナプラットフォームであるOpenShiftは、安定稼動が求められる企業ユースに対応する様々な機能・サービスを提供します。
1.導入後すぐ使えるオールインワン
redhat_wss1.png

負荷分散機能や接続制御といったネットワーク機能、CI/CD環境ツールによる開発の自動化、監視機能・ログ収集・分析といった運用のための機能を標準(*)で提供します。
OpenShiftを導入後、すぐにコンテナプラットフォームをフル機能でご利用いただけます。

(*) 2020年5月時点:elasiticsearch、fluentd、HAPROXY、Jenkins、Prometheus、TEKTON ・・
redhat_toolsample__.png

2.安心の長期サポート
redhat_wss2.png

RedHatによる長期サポートが提供されるため、長期の安定稼動を求められる企業システムの利用に適しています。OSSであるKubernetesが約9ヵ月間のサポートであるのに対して、最低3年間のメジャーバージョンサポートが提供されます。

3.セキュリティ対応も万全
redhat_wss3.png

Red Hatは長年エンタープライズ向けLinuxを提供し、重大な脆弱性が発見されてから殆どは24時間以内に修正プログラムを提供してきた実績を誇ります。 コンテナプラットフォームからコンテナイメージまでフルスタックの、かつ最高水準のセキュリティ対応を提供します。

4.Webコンソールによる簡単操作
redhat_wss4.png

GUIで操作ができるWebコンソールが提供され、コンテナの作成やデプロイ・各種設定の変更、管理のための情報確認などを行うことがきます。 YAML・JSON形式による設定ファイルの編集やコマンドを利用しなくても、主要な操作を容易に実行できます。





NI+Cが提供する「Red Hat OpenShift」の強み

OpenShiftをスタートするお客様をサポート

OpenShiftのスムーズな導入に向けて、
各種サポートをご提供します

  • [ Red Hat OpenShift * 入門研修無償サービス ]
    OpenShiftやコンテナの利用に向けて、システム担当者の学習が必要といったお客様には、入門研修 [ 概要(基本)+ 開発 + 運用 ] を無償で提供します。

    お問い合わせ [ 入門研修無償サービス ]
  • [ Red Hat OpenShift * PoC環境構築サービス ]
    OpenShiftの各種機能・既存アプリのコンテナ化を評価してみたいお客様向けに、PoC環境構築サービスを提供します。PoCにおける評価内容・環境の構築内容など事前にご調整の上、貴社向けのPoC環境を構築いたします。
    お問い合わせ [ PoC環境構築サービス ]

OpenShift+"α" もおまかせください

OpenShiftと各種クラウドサービス連携も
ご相談ください

  • クラウドにおけるインフラ構築実績が豊富な当社では、OpenShiftの環境構築に加えて、各種クラウドサービスと連携したシステムのご提案も可能です。
    ・クラウド環境とお客様拠点間の専用線接続
    ・各クラウドのPaaS・SaaSが提供するサービスとの連携

OpenShiftのインフラ運用をバックアップ

コンテナプラットフォーム・OpenShift環境を含め、インフラの安定運用をバックアップします

  • インフラの豊富な運用実績を持つ当社が、インフラ安定運用のノウハウを提供します。OpenShiftの運用もご相談ください。



Red Hat Forum Tokyo 2019 ゴールドスポンサーとして出展

「DXに向けたコンテナプラットフォームの"シンカ"」―IBMとRed Hatの提携の答えの1つがここに ―と題し講演を行った他、展示ブースではラズベリーパイを用いたedgeデバイスの管理デモをご覧いただきました。
出展時の様子はこちらをご覧ください。

20191118_redhat3_400_.png 20191118_redhat6_400_.png
* 記載の会社名、商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。



Red Hat OpenShiftに関する
ご相談やお問い合わせはこちら

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。