事例紹介

アプレ様

IoT(IBM Cloud)

“匠”の経験とカンを解明してIT化
だれもが使える水耕栽培システムへの挑戦

北海道の農業ベンチャーである株式会社アプレは、“匠の技”をシステム化する試みを進めている。気象予測や野菜の生育状況可視化など、IBM WatsonおよびIoTの最新技術をIBM Cloud上で活用しながら「だれもが使える」ものにする取り組みだ。NTTドコモの協創パートナーに選定され、システム開発をNI+Cが担当。ゆくゆくは、プラントとシステムを一体として、全世界に販売するという目標に向けて歩みを進めている。

マツモトキヨシHD様

マーケティング(IBM InfoSphere Information Server,IBM PureData System for Analytics,IBM SPSS Modeler,IBM Campaign)

“先生”を派遣して手厚く分析業務を支援
マーケティング自動化までの道筋を伴走

株式会社マツモトキヨシホールディングス(以下、マツモトキヨシ)は、新たな分析・マーケティング環境を導入。
リアル店舗やオンラインストア、およびその他の顧客タッチポイントでのコミュニケーションに基づき、
最適な顧客体験を提供する枠組みを整えた。


(参考)本事例に関する動画は下記よりご覧いただけます。(*日本アイ・ビー・エム様制作)
外部サイトへ

らでぃっしゅぼーや様

マーケティング(IBM Marketing Cloud, IBM SPSS)

「伴走サポート」でさまざまな課題をクリア
ライバルに追いつき、追い越せるマーケティング基盤を稼働

らでぃっしゅぼーや株式会社(以下、らでぃっしゅぼーや)は、日本情報通信株式会社の支援を受け、IBM Marketing Cloud およびIBM SPSSを導入した。同社独自のさまざまな課題をクリアして短期導入を実現。
顧客インサイト分析を最適なレコメンデーションにつなげる仕組みを構築した。

NI+C自社導入事例

セキュリティ(IBM QRadar SIEM,Deep Discovery Inspector)

未知の脅威も捉え インシデントの全容をすぐに把握 標的型攻撃からビジネスを守る

サイバー攻撃による被害が拡大する中、シグネチャをベースとする従来型のセキュリティ対策の限界が指摘されている。もはや、脅威の侵入を完全に防ぐのは難しく、今後は、侵入されてしまった後を想定した対策が求められる。それに対し、日本情報通信は、情報分析型SIEM「IBM Security QRadar SIEM」とネットワーク内部を可視化する「Deep Discovery Inspector」を組み合わせたソリューションを提案。標的型攻撃など、悪質な攻撃への対応を支援している。

パイオニア株式会社様

クラウド(Red Hat OpenShift, IBM Cloud IaaS)

Dockerコンテナで稼働する次世代ルート探索アプリをRed Hat OpenShiftとIBM Cloud IaaSを組み合わせたインフラで安定運用

パイオニア株式会社(以下、パイオニア)は、次世代のルート探索サービス「スーパールート探索」の提供にあたり、 最新のITプラットフォームを採用した。IBM Cloud IaaS(旧 SoftLayer) ベアメタルと、レッドハット社のRed Hat OpenShiftを組み合わせたクラウド環境だ。NI+Cは、販売・構築パートナー として、ソリューション選定から構築、そして運用を担当し、パイオニアの先進的な取り組みを支えている。

インクリメントP株式会社様

クラウド(IBM Cloud IaaS)

地図サービスMapFanの高パフォーマンスとグローバル化を支えるクラウド基盤SoftLayer運用とネットワークノウハウが成功のキーポイント

インクリメントP株式会社は、地図サービスMapFanが稼働するインフラにパブリック・クラウド・サービスであるIBM Cloud IaaSを採用。このIBM Cloud IaaS環境は日本情報通信株式会社(以下、NI+C)の運用やネットワークなどのオリジナルサービスと組み合わせる形で提供されている。NI+CはIBM Cloud IaaSの運用実績で積み重ねたノウハウを適用することで、理想的な地図サービスの提供基盤が実現している。

コニカミノルタジャパン株式会社様

SAS(SAS, IBM FlashSystem)

”Excelツール”の活用で、短期プロジェクトを期限通りに完了
SASとIBM FlashSystem 900を組み合わせた高速分析基盤が稼働

データ活用で業界ナンバーワンをめざすコニカミノルタジャパン株式会社は、日本情報通信株式会社(以下、NI+C)の提案を受けSASとIBM FlashSystem 900を組み合わせた高速分析基盤が稼働させた。NI+Cはそのプロジェクトで分析環境の整備を担当。1000万件のデータをわずか20秒で抽出できる超高速な分析環境を提供した。他システムとの膨大なインタフェースも、NI+Cのノウハウが詰め込まれた"Excelツール"を活用することで低コストに実現することができた。 プロジェクトの背景から構築の舞台裏、そして使われるシステムへの工夫点などの情報をご紹介します。

オルビス株式会社様

SAS/アナリティクス(SAS, IBM PureData System for Analytics)

NI+Cの提案力を評価しSASとIBM PureData System for Analyticsで情報系システムを刷新

One to Oneの顧客対応強化を図るオルビス株式会社は、日本情報通信株式会社(以下、NI+C)の 提案を受け、SASとIBM PureData System for Analyticsを導入。極めて高速なシステム環境を手に入れ、より深い 分析を実行できるようになった。その後もNI+Cは、SAS Digital Marketingを軸としたデジタル・マーケティングおよび キャンペーン管理を中心にさまざまな提案を行い、システムを段階的に進化させている。

オートバックスセブン様

アナリティクス/マーケティング(IBM Campaign, SPSS, PureData System for Analytics)

ビッグデータ活用によりマーケティングの最適化を実現

PureData System for Analytics→SPSS→IBM Campaignの連携で素早く正確な分析とキャンペーンを実行。
更に顧客接点にスマホへのプッシュ通知を活用することで驚くべき開封率と購入率を実現。プロジェクトの背景から構築の舞台裏、そして使われるシステムへの工夫点などの情報をご紹介します。

ピーチ・ジョン様

マーケティング(IBM Campaign)

配信内容、タイミングで効果を検証
セグメントメールの効果、効率があがった

インナーウェアやホームウェアなどを製造・販売するピーチ・ジョン。
同社ではWeb会員に向けメールマガジンを配信してきたが、メールマーケティングの効果・効率を高めるため、2012年6月より「IBM Campaign」を導入。ユーザーが欲しい情報を欲しいタイミングで配信すべく、より詳細なセグメントに向けた、柔軟なメール配信を行う体制に移行している。