Project Interview & 資料請求

ピーチ・ジョン様

配信内容、タイミングで効果を検証
セグメントメールの効果、効率があがった

インナーウェアやホームウェアなどを製造・販売するピーチ・ジョン。
同社ではWeb会員に向けメールマガジンを配信してきたが、メールマーケティングの効果・効率を高めるため、2012年6月より「IBM Campaign」を導入。ユーザーが欲しい情報を欲しいタイミングで配信すべく、より詳細なセグメントに向けた、柔軟なメール配信を行う体制に移行している。

ピーチ・ジョン様

適切なタイミングで適切な人に

──ピーチ・ジョンさんでは、WEB会員に向けメールマガジンを配信しているそうですが業務上、課題となっていることはありますか。

安住:当社では、カタログ送付とともに、主にメールを使い、お客さまに対するダイレクト・マーケティングを実施しています。以前はセグメントメールを送る際には対象条件を検討し、SQLにて対象データを抽出。個人情報を管理している社内の基幹システムに対象データを一旦取り込み、そこから個人情報をダウンロードして、またメール配信システムに取り込み、コンテンツを用意して配信。作業負荷が非常に高いとう課題がありました。「Unica Campaign」を導入した理由のひとつは、この作業負荷を低減できる、基幹システムとデータ連携、メール配信システムとAPI連携できる点です。

続きは問い合わせフォームから
資料請求してください

続きは資料をご請求ください