Project Interview & 資料請求

オートバックスセブン様

ビッグデータ活用によりマーケティングの最適化を実現

PureData System for Analytics→SPSS→IBM Campaignの連携で素早く正確な分析とキャンペーンを実行。
更に顧客接点にスマホへのプッシュ通知を活用することで驚くべき開封率と購入率を実現。プロジェクトの背景から構築の舞台裏、そして使われるシステムへの工夫点などの情報をご紹介します。

オートバックスセブン様

適切なタイミングで適切な人に

──会員向けマーケティング施策として、どのようなことを行っていますか。

──そうした施策を行う中で、当初はどのような課題がありましたか。

福島:会員情報を抽出するためにシステム基盤としてデータウェアハウス(DWH)がすでに導入されており、DWHへの負担をどのように軽減するかが大きな課題でした。しかし、顧客をクラスタ別にデータ抽出する場合、DWHに大きな負荷がかかってしまい、既存システムに影響が出てしまいます。そこで、3年前に組織を再編成してデータ管理の一元化に取り組み、「IBM PureData System for Analytics(Netezza)」を導入しました。これにより、必要な時にデータを活用できるようになり、これまで1週間かかっていたビッグデータの分析やターゲティング設定が3日に短縮され、さらに迅速にPDCAを回すことができるようになりました。

続きは問い合わせフォームから
資料請求してください

続きは資料をご請求ください