Project Interview & 資料請求

パイオニア株式会社様

Dockerコンテナで稼働する次世代ルート探索アプリをRed Hat OpenShiftとIBM Bluemix IaaSを組み合わせたインフラで安定運用

パイオニア株式会社(以下、パイオニア)は、次世代のルート探索サービス「スーパールート探索」の提供にあたり、 最新のITプラットフォームを採用した。IBM Bluemix Infrastructure(旧 IBM SoftLayer) ベアメタルと、レッドハット社のRed Hat OpenShiftを組み合わせたクラウド環境だ。NI+Cは、販売・構築パートナー として、ソリューション選定から構築、そして運用を担当し、パイオニアの先進的な取り組みを支えている。

パイオニア株式会社様

カーナビの情報サービス部門が始動

パイオニアは、カーエレクトロニクスを中心に、FA機器から有機EL照明まで、さまざまな事業を展開するメーカーだ。「より多くの人と、感動を」を創業以来の企業理念とし、「街でも家でも車でも、笑顔と夢中が響き合う」を企業ビジョンに掲げている。

企業ビジョンに「車」の文字が含まれていることからもわかるとおり、カーエレクトロニクス事業は同社のビジネスの7割以上を占める大きな柱だ。フラグシップ機種の「サイバーナビ」シリーズをはじめ、コストパフォーマンスに優れた「 楽ナビ」シリーズや車載カーオーディオなど多数のラインアップを展開。数多くのドライバーに「カロッツェリア」ブランドとして親しまれている。

それらの車載器と通信するサーバーアプリケーション開発と運用を社内で一手に引き受けるのが、商品統括部情報サービスプラットフォームセンターだ。かつては機種ごとに異なる事業部が、自由な発想でソフトウェアを開発してきたが、部門横断的なIT管理と運用を行う組織 "カーナビを含むテレマティクスのシステム部門"として2010年に発足した。

続きは問い合わせフォームから
資料請求してください

続きは資料をご請求ください