投稿者:Hideaki Tokida

最近Meetで録画をした録画のファイルがどこに紐づくのかを確認しました。結論から言えば「そうだよね」というところではあるのですが意識してないと「あれ?」となったので共有をしておきますj。

状況

  • 複数の「予定」がある
  • 複数の予定にまたがっているがMeetのURLは単一にしたい(これは事前にこの部署の定例は「このURLです」のような使い方を想定しています)

上記の場合、例えば以下のような予定があるとします。 1. 毎日繰り返しで予定されている「部門部屋」(会議招集はAさんが実施)・・① 2. 特定の時間を指定して実施している個別の定例会議(会議招集はBさんが実施)・・② 3. ②の会議のMeetURLは、①のMeetURLとなっている

貼り付けた画像_2022_06_01_0_21.png

この際に、2番の定例会議で録画を実施するとどのようになるでしょうか?

結論

  • ②での会議で録画を行うと、①の会議側に録画のファイルが添付されます。
  • ①が繰り返しの予定出会った場合には、④を実施した同じ日の③に録画のファイルが添付されます。

貼り付けた画像_2022_06_01_0_23.png

注意点

  • MeetURLを持っている「予定を」作成したAさんがこの録画ファイルのオーナーとなるということです(録画ファイルの生成の通知や録画ファイル自体もAさんのドキュメントとなります)
  • ①の会議参加者に対して、録画ファイルの参照権限が付与されています。そのため①と④の会議の参加者が違う場合には権限注意が必要となります。

まとめ

MeetのURLを使い回すメリットはありますが、録画ファイルがどの様になるのかは注意して利用しましょう。