企業情報

事業情報

日本情報通信(NI+C)は、NTTおよび日本IBMにより1985年に創立され、情報通信の先進的な技術を積極的に吸収しながら、システムインテグレーターとして成長してきました。IBM の先進技術をベースに、システムインテグレーション、基盤構築、運用保守、NTTのネットワークやクラウドサービスを含むマネージドサービスの各分野で、ソリューションを提供しています。 現在、『ビッグデータ』『クラウド』を注力事業として、事業展開しています。

システムインテグレーション事業

大きく3つの分野を中心にシステムインテグレーション事業を提供しています。

  1. テレコム事業者のお客様向けに、大規模顧客データベースシステム、料金系アプリケーション開発
  2. 運輸・旅行・小売業(ポイント管理等)のお客様を中心としたアプリケーション開発
  3. 金融業のお客様においては、カード業務を得意とするほか、銀行業を中心としたシステム基盤構築

また、この3つの分野から得られた知見を活用して『ビッグデータ』分野に取り組んでいます。お客様のバリューチェーン(企画・研究・開発・調達・製造・マーケティング・販売・構築・保守運用・カスタマサービスなど)上の諸プロセスデータを源とする膨大な事業データをNI+Cが相互連携統合し、高度な解析を通じて、新ビジネス創出やマーケティング、販促キャンペーン、品質改善・カスタマ満足度向上など、お客様事業における付加価値拡大を実現しています。

インフラストラクチャー事業

インフラストラクチャー事業においては、IBMのハードウェアに対応するとともに、IBMソフトウェアのみならず、市場で利用されている多くのミドルウェアに関しても、お客様のご要望に応じたシステム設計、構築、保守を提供しています。また仮想化技術においては、性能、信頼性、保守性などを考慮しつつ、既存ソフト資産の仮想化システムへの移行も含めた設計、開発までを仮想化ソリューションとして、お客様に最適な技術提案をしています。

マネージドサービス事業

マネージドサービス事業では、標準的なサポートデスクや運用サービスの他、ネットワークサービスやクラウドサービス、EDIサービスを中心に提供しております。パッケージ化したネットワークサービスとカスタムメイドサービスを用意し、お客様に適切なネットワークをご案内しています。

業界に特化したサービスと『クラウド』への取り組み

  1. 自動車業界とその関連業界をつなぐネットワークシステム「JNX」の構築・運用。
  2. EDI では、企業間での受発注を電子的に行うEDI サービスとEDI サービスに接続するためのソフトウェア「EDIPACK®」を提供するなど、業界に特化したサービスをご提供。
  3. 『クラウド』では、「ハイブリッドクラウド/マルチクラウド」を強みとし、NI+C独自のクラウドサービスの他、NTTコミュニケーションズのクラウドサービス「Enterprise Cloud」やIBMのクラウドサービス「IBM Bluemix Infrastructure(旧 SoftLayer)」などの多様な有力クラウドサービスに当社が付加価値を載せてご提供。特定事業者に依存することなく、柔軟に最適なクラウド選択が可能です。