企業情報

沿革

1985年
(12月18日)
日本電信電話(株)日本アイ・ビー・エム(株)の2社により、日本情報通信株式会社(略称:NI+C) を設立(本社:東京都港区)
1986年 大阪名古屋、九州(福岡)、札幌に営業所開設
一般第二種電気通信事業者として届け出
1987年 中国(広島)営業所開設
一級建築士事務所、一般建設業(電気通信工事業) 登録
1989年 システムインテグレータ事業者として登録
1992年 東北開発センター開設
1993年 NTT ISDN総合オペレーションシステム(ITOS)のサービス開始(※)
1994年 NTT顧客サービス統合システム(CUSTOM)のサービス開始(※)
1995年 NI+C創立10周年
1996年 本社移転(神奈川県川崎市)
NTT新通話料金システム(STARS)のサービス開始(※)
1997年 ISO9001品質マネジメントシステム認証(審査登録)を取得(ソフトウェア開発部門)
NI+Cソフトシステム(株)設立 (現 エヌアイシー・ソフト
2000年 ネットシステム・ドット・コム(株)設立 (現 エヌアイシー・ネットシステム
JNXのサービス・プロバイダーに認定
NTT長距離顧客料金システム(ACCEL)の サービス開始(※)
NI+C創立15周年
2002年 丸文(株)と共同出資で「丸文情報通信(株)」設立
「ITコンサルティング事業」開始
「ビジネスパートナー事業」開始
ISO14001環境マネジメントシステム認証(審査登録)を取得(本社)
システム運用サービス事業」本格展開
2004年 本社移転(東京都中央区)、門前仲町開発センター開設
ISO14001環境マネジメントシステム認証(審査登録)範囲を拡大(本社・門前仲町開発セン ター)
「CRM&BIソリューション事業」本格展開
2005年 ISO/IEC27001認証取得 (当時 BS7799/ISMS)
ITIL®準拠システム運用技術支援サービス「Bellevue(ベルビュー)」販売開始
NI+C創立20周年
2006年 ビジネスパートナー企業向けWEB研修サービス「TimE(タイム)」提供開始
「EDIゲートウェイサービス」商用本格化
IBMより表彰
『Asia Pacific Business Partner Excellence Award』
 (2年連続受賞) 
・ 『ワールドワイド・ビジネス・パートナー最優秀販売賞』
2007年 営業統括本部移転(東京都中央区)
ISO14001環境マネジメントシステム認証(審査登録)範囲を拡大(本社・門前仲町開発セン ター・大阪支店)
情報セキュリティ強化のため体制を整備
2008年 花王(株)から花王インフォネットワーク(株)の発行済全株式を譲受け
エヌアイシー・インフォトレード(株)を設立
EDIネットワーク開発センター開設
スターリングコマース(株)と企業間取引ネットワークサービス分野における戦略的パートナーシップで合意
EDIサービス「.com Exchangeサービス」を開始
米IBMより、アジアNo.1のIOD(Information On Demand)パートナーとして表彰
2009年 企業向けクラウドコンピューティング・サービスを開始
日本IBMより、「イノベーション・パートナー・オブザイヤー」「クラウド・ソリューション・パートナー」として表彰
ネットワーク機器の仮想化統合事業開始
2010年 日本IBMより、「エクセレント・パートナー・オブザイヤー」および「サービス・エクセレント・パートナー」をダブル受賞
NI+C創立25周年
2011年 エヌアイシー・インフォトレード株式会社を吸収合併
日本IBMより、「エクセレント・パートナー・オブザイヤー」を2年連続受賞、および「リマーケティング・エクセレント・パートナー」もダブル受賞
2012年 日本IBMより、「エクセレント・パートナー・オブザイヤー」を3年連続受賞
「ソフトウェア・ビジネス・リーディング・アワード」もダブル受賞
2013年 エヌアイシー・パートナーズ株式会社を設立
2014年 NI+C SoftLayerコンピテンシー・センター開設
2015年 IBMより、「2015 Cloud Managed Services Leadership Award」を受賞
IBMより、Business Partner Awardのセキュリティ部門で「Partnership Excellence Award」を受賞

(※)NI+Cが参画した大規模プロジェクトです。