ニュース

2019.08.08 [プレスリリース]日本情報通信、対話型AIを搭載した
オートバックスセブン「ZUKKU」見守りサービスの
アプリケーションを開発

日本情報通信株式会社

 
 日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:廣瀬雄二郎、以下 NI+C)は、株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳、以下 オートバックスセブン)が提供する対話型AIを搭載した「ZUKKU(ズック)」見守りサービスのアプリケーションを開発しました。本サービスは、対話型AIに株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下 ドコモ)の「ドコモAIエージェントAPI™」を採用し、株式会社ハタプロ(本社:東京都港区、代表取締役:伊澤諒太、以下 ハタプロ)が開発・提供するミミズク型ロボットを通じてご高齢者の見守りを行い、2019年9月下旬より展開します。
 
 対話機能や人感センサーを搭載した身長10センチのミミズク型ロボット「ZUKKU」が、通信機能によりクラウド上のAIにアクセスし自然な会話を通してご高齢者の日々の生活を見守ります。遠く離れたご家族は、Webアプリケーションより会話の頻度や一定のキーワードから体の不調等をタイムリーに知ることができます。このアプリケーションが動く、オートバックスセブンの新ブランド『WEAR+i (ウェア アイ)』向けクラウドプラットフォームは、NI+Cが構築しサービス提供しています。
 
 NI+Cは、「ZUKKU」見守りサービス開始後もクラウドプラットフォームの運用や技術支援を継続して行い、アプリケーションとサービス基盤をサポートします。
 

■ 「ZUKKU」見守りサービス提供イメージ

※1 「ZUKKU」見守りサービスのアプリケーションの開発は、NI+Cが行います。
※2 オートバックスセブンのブランド『WEAR+i』向けクラウドプラットフォームは、NI+Cが提供します。
※3 対話型AIは、「ドコモAIエージェントAPI」を採用し提供します。
  「ドコモAIエージェントAPI」は、NTTグループのAI「corevo®」の一部である対話サービスとなります。
  (「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。( http//www.ntt.co.jp/corevo/

 

■ 日本情報通信株式会社について:https://www.niandc.co.jp/
日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。システム開発から基盤構築、ネットワークサービス、運用保守までをトータルに、お客様ニーズに最適なICTソリューションを提案、提供し、さまざまな業界における大規模システムの経験が豊富です。現在、ブロックチェーン/AI/IoT等の先進技術を活用したソリューション事業や、クラウドサービスをはじめ、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービスを展開。お客様の経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指しています。
 
記載の製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは、該当する各社・団体の商標または登録商標です。
 


<報道関係者のお問い合わせ先>

日本情報通信株式会社 コーポレート企画部
総務広報担当 後藤、東
TEL:03-6278-1115  E-mail:koho@NIandC.co.jp