ニュース

【11/21(木)】 IBM Security で実現するハイブリッド・クラウド時代のセキュリティーセミナー


seminar_lesson_.jpg

・セキュリティリスクが可視化できていない
・大量のログデータを取得しているが有効活用できていない
・脅威の絞込み、検索のノウハウがない

といったお悩みをお持ちのお客様。複雑かつ巧妙化するインターネット・セキュリティー、サイバー攻撃などの脅威への対策に向け、本セミナーで最新の情報を「体感」してください。



◆開催概要
・開催日時: 2019年11月21日(木)15:00-17:00 (受付開始 14:30)
・開催場所: 日本アイ・ビー・エム本社事業所 (東京都中央区日本橋箱崎町19-21)
       IBMイノベーション・センター(IIC)
        [東京メトロ東西線/日比谷線:茅場町駅4番b出口 徒歩7分]
        [東京メトロ半蔵門線:水天宮前駅2番出口 徒歩3分]
・定 員 : 30名 (受講確定後、事務局よりご連絡します) *同業他社の方についてはお断りさせていただく場合がございます。
・主 催 : 日本情報通信株式会社
・その他 : 事前登録制 / 参加費無料
・対 象 : 社内情報システムご担当者さま、セキュリティーご担当者さま
・持ち物 : 受付の際にお名刺を1枚頂戴します。
・お申込み: こちらからお申込みください。

◆アジェンダ  *アジェンダは予告なく変更される場合がございます。何卒ご了承ください。

1.SIEMやデータレイクを補完する新カテゴリーのインシデント調査ツールがいよいよ登場
 ・マルチクラウドで断片化されるセキュリティー情報をどうするか
 ・新しいアプローチ:セキュリティー情報の統合と接続によって得られる価値
 講師)日本アイ・ビー・エム(株)平山 勝之氏

2.IBM Security QRadar SIEMを活用したハイブリッド・クラウド環境のセキュリティ対策と今後のインシデント対応
 ・IBM QRadarのご紹介(QRadar on Cloud/QRadar Advisor with Watson)/ QRadarを活用したクラウドセキュリティ対策(Cloud Visibility)
 ・IBM Resilient SOARのご紹介
 講師)日本情報通信(株)山本 仁一

< 休憩 >

3.IBM Security QRadar SIEM / Resilient SOAR体感デモ
 講師)日本アイ・ビー・エム(株)/日本情報通信(株)山本 仁一

4. 質疑応答

一覧に戻る