ニュース

ウィズコロナ、アフターコロナのセキュリティ対策



zaitaku_.jpg 2020年、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の脅威は、働き方のみならず、企業のセキュリティ対策の在り方をも大きく変えてしまいました。 最も顕著だったのはリモートワークの普及でしょう。わずか数ヵ月の間に社員の大半が在宅勤務へと移行し、今後もその体制を維持する予定だという企業は少なくありません。

リモートワークが常態化したことでセキュリティ脅威は増加、攻撃手法は高度化/多様化。「最低限実施すべきITセキュリティ」は常に変化しています。 そこで、在宅管理者によるリモート対応、Webサーバへの攻撃トレンド、アフターコロナの企業セキュリティなど、「リモートワークの急増で押さえるべき大切なポイント」をホワイトペーパーにまとめました。


どんな脅威に気を付けるべきか、必要な対策がわからないといったご担当者さま、管理者の皆さまに、 リモートワークを安全に継続するための参考資料として、是非ご一読いただければ幸いです。
リモートワークの常態化で常識はこう変わる
ウィズコロナ、アフターコロナのセキュリティ対策/押さえるべきポイントとは


Security_Doc.png
<目次>
◆リモートワークの導入にともなうパッチ適用の落とし穴
 ・社員を出社させずにパッチを適用する方法
 ・社内のサーバが新たなリスクに
◆変化するサイバー攻撃のターゲット、狙われやすいWebサイトは
◆在宅からのシステム管理、多様化する端末、リスクは増加の一途
◆従来からの出入口対策に加え、重要度の高まる「内部対策」
 ・ログをはじめとする、様々な対策
◆アセスメントによる現状把握と重要度による対策の順位付け


 ホワイトペーパーはこちら 



SecA1-.jpg さらに、当社では、約2時間のヒアリングによる診断をベースに、サイバー攻撃に対するお客様現状と対策案をご報告する「ITセキュリティ簡易アセスメント」サービスを無料で実施しています。
「ITセキュリティに対する不安はあるが、何から手を付けてよいかわからない」といったお悩みをお持ちの情報システムご担当者様をはじめ、 「自社のITセキュリティ対策が適切な状態であるか診断してほしい」とお考えの管理職の方は、是非お問い合わせ下さい。


* 無料で診断 *
ITセキュリティ簡易アセスメント [お申込み]







セキュリティに関する貴社取り組みについて、お悩みごとやご相談事項があれば、お気軽にお問合せください。

一覧に戻る