金融機関向けファイル伝送サービス「AnserDATAPORT」との
Connecureを介した接続を「NI+C EDIシリーズ」でスタート
AnserDATAPORT接続サービス

金融機関とのEDI通信における影響

NTTが2024年に固定電話のIP移行/ISDN廃止を実施予定であり(通称:2024年EDI問題)、モデムやISDN機器で金融機関等とデータのやりとり(ファームバンキング/エレクトロニックバンキング)を行なっている企業様は、固定電話やISDNを利用している既存システムを代替手段へ速やかに移行する必要があります。 金融機関との新たなEDI通信方法の一つとして、NTTデータ社が提供する『AnserDATAPORT』による接続方式があります。 AnserDATAPORTへの接続には、閉域ネットワークサービス『Connecure』を介する必要があります。

NI+C ADP 移行 NI+C ADP 移行

AnserDATAPORTとは・・・

株式会社エヌ・ティ・ティ・データが金融機関向けに提供している
閉域ネットワークの安心・安全なファイル伝送サービスです。

AnserDATAPORT概要

既存ダイヤルアップ伝送において、金融機関で行っていた依頼データとFAXの突合をAnserDATAPORTの照合機能で対応することで、お客様は金融機関へのFAX送付の必要がなくなります。対応している主なファイル種別としては、総合振込、給与振込、賞与振込、預金口座振替依頼、預金口座振替結果などがございます。

NI+C ADP 概要 NI+C ADP 概要

NI+C EDIシリーズにおけるAnserDATAPORTへの対応

NI+C EDIシリーズはConnecureへの敷設が完了しております。
AnserDATAPORTを利用している金融機関であれば、NI+C EDIシリーズを介しての金融機関とのEDI通信が可能です。なお、AnserDATAPORTへの接続にはお客様より各金融機関へのお申込みが必要です。
また、AnserDATAPORT各種機能のご利用有無含めた詳細は各金融機関へお問い合わせ下さい。

NI+C ADPへの対応 NI+C ADPへの対応

Contact us

気になる点や詳細を知りたい方は、お気軽にご相談ください。