大容量データ転送向けソリューションIBM Aspera

次世代の転送技術(FASP)により、
ファイルサイズ・距離・帯域に関わらず最高速度でデータ転送を実現

IBM Aspera」とは?

IBM Aspera とは次世代の転送技術(FASP)により、ファイルサイズや距離、ネットワーク環境を問わず全世界にデータを高速に転送することができるソリューションです。



IBM Asperaソリューション

高速転送

FASPにより、最適な伝送効率で転送
 
大容量転送

FTPでは転送に時間が掛かる大容量ファイルも短時間で転送可能
SaaS版でもファイルサイズの制限なし
 
長距離転送

パケットロスやレイテンシーに強く長距離転送に最適
回線遮断時の自動リトライ機能
 
マルチクラウド環境

各種環境に対応(オンプレミス/クラウド/PC/Web/モバイル)

なぜ「IBM Aspera」は速いのか?

次世代転送技術FASPを活用することにより安全かつ高速なデータ転送を実現します。



FASPとは・・・


Fast Adaptive and Secure Protocol

これらの頭文字を取ってFASPです。
FASPはIBM社※が独自に開発した"高速かつセキュアなプロトコル"です。

(※)2013年にIBM社がAspera社を買収



FTP/HTTPとFASPの違い


FASPはデータ転送のオーバーヘッドを低減し、信頼性を確保しながら高速転送を実現しています。


IBM Asperaソリューション
(↑画像クリックで大きな画像を表示)


東京~アメリカ西海岸間のファイル転送速度比較(参考)

項目 FTP IBM Aspera(FASP)
転送速度 約5Mbps 700Mbps以上
転送時間 30分以上 約15秒

IBM Asperaソリューション

※帯域の状況や地域により結果は変動します。


上記値は下記条件をもとに計測しています。
・転送ファイルサイズ:1GB
・レイテンシ:約108ms
・ネットワーク:インターネット回線(ベスト・エフォート型/1Gbps)


ファイル転送の機密性

IBM Asperaは通信の暗号化やパスワード、アクセス権限設定により機密性を確保しています。

転送データの暗号化

AES(128・192・256)暗号化によりファイル転送の信頼性を確保
 
連邦情報処理基準(FIPS)140-2に準拠
 
データペイロード部分を暗号化
 
パスワードによる保護

ファイル共有のアクセスをパスワードで保護可能
 
アクセス権限設定

ユーザやグループ単位で読み取り、書き込み、参照権限の設定が可能
 


ファイル転送の信頼性



独自の再送技術

転送データの整合性をブロックレベルで確認し、パケットロス時は再送処理を行うことでファイル転送の正常性を担保
NW障害やユーザ操作で転送を中断した場合も、レジューム機能にて中断箇所より転送を再開


IBM Asperaソリューション

IBM Aspera」主要製品


製品名 概要
IBM Aspera High-Speed Transfer Server(HSTS) 高速ファイル転送サーバー
IBM Aspera High-Speed Transfer Endpoint(HSTE) 高速ファイル転送ツール
IBM Aspera Console ファイル転送業務全体を集中管理、モニタリング、制御
IBM Aspera on Cloud(AoC) SaaS型高速転送ソリューション

【ご参考リンク】IBM Aspera 製品ラインナップ


IBM Aspera High-Speed Transfer Server(HSTS)
高速ファイル転送サーバー

IBM Aspera High-Speed Transfer Serverは本社や拠点に設置するファイル転送サーバです。
特許技術(FASP)により、高速かつ大容量のデータ転送が可能です。
多くの機能を備えた、IBM Asperaの中核をなす製品です。

特徴

  • 大容量データを高速かつセッション数に制限なく転送

  • 通信や転送ファイルの暗号化により転送の信頼性を担保

  • 多数の環境よりアップロード、ダウンロードを実現するマルチクライアント

  • 用途に応じた機能拡張
    (Webポータル・ファイル共有・データ同期)

  • 各種 OS
    (Linux,Windows,MAC OS,AIX,Solaris)に対応 ※

  • ※詳細なOS対応状況は下記URLからご確認ください。
    www.ibm.com/support/knowledgecenter/
    SSL85S_3.9.6/navigation/kc/hsts_welcome.html


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

IBM Aspera High-Speed Transfer Endpoint(HSTE)
高速ファイル転送ツール

IBM Aspera High-Speed Transfer EndpointはHSTSのサブセットです。
HSTSと組み合わせて利用することで、よりお客様の利用目的や環境に合致した
高速転送技術を利用できるソリューションです。

特徴

  • 2拠点間にそれぞれ導入し双方向にファイルの高速転送が可能

  • HSTSと同等のパフォーマンスを発揮

  • HSTSより安価に利用可能(一部機能制限あり)

  • 1:1 のファイル転送
    (アカウント数、セッション数に制限あり)

  • 各種 OS
    (Linux,Windows,MAC OS,AIX,Solaris)に対応 ※

  • ※詳細なOS対応状況は下記URLからご確認ください。
    www.ibm.com/support/knowledgecenter/
    SSL7UM_3.9.6/navigation/kc/hste_welcome.html


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

IBM Aspera Console
IBM Aspera全体のファイル転送状況・監視・制御をブラウザで集中管理

Webベースの管理アプリケーションです。
IBM Asperaの転送状況を容易に可視化できます。
各種情報はWebGUIにてグラフィカルに表示されます。
転送履歴などのレポートを容易に作成でき、監査対応が手間なく対応できます。

特徴

  • 転送状況が一目でわかるダッシュボードを提供

  • 転送速度(使用帯域)の制御、各転送ノード(HSTS・HSTE)を一元管理

  • 転送のスケジューリングやデータ配信の自動化

  • 稼働状況、使用状況などの各種レポート作成

実際のダッシュボードやレポート作成画面は下記タブからご確認ください。


ダッシュボード1


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

ダッシュボード2


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

転送内容確認画面


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

レポート作成画面1


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

レポート作成画面2


(↑画像クリックで大きな画像を表示)

レポートサンプル


(↑画像クリックで大きな画像を表示)
※上記画像はIBM Aspera Consoleの画面ショットとなっております。


IBM Aspera on Cloud(AoC)
IBM Asperaの高速転送をSaaS型ソリューションで素早く開始

IBM Aspera on Cloudはマルチクラウド環境にまたがったファイル共有とコンテンツ配信を実現する、SaaS型ソリューションです。
構築・運用不要なため、スピーディに利用を開始できます。

特徴

  • HSTSのSaaS型ソリューション

  • クラウドストレージとしてIBM Cloud Object Storage提供

  • AWS・GCP・Azure上のクラウドストレージにも接続可能

  • マルチ言語に対応
    (日本語・英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ロシア語・韓国語・簡体中国語・繁体中国語)

  • 30日間の無料トライアル開催中
    (転送量上限100GB)
  •  https://www.ibm.com/account/reg/us-en/signup?formid=urx-30538


(↑画像クリックで大きな画像を表示)



3種類のエディション内容


Standard Advanced Enterprise
マルチ・クラウド転送プラットフォーム
ファイル、パッケージ機能
初期ストレージ容量 1TB 10TB 25TB
最小コミットメント(転送量) 1TB~ 6TB~ 60TB~
Authorizedユーザ 2,500 2,500 2,500+
Admin機能
Connect、Drive、CLI、Mobileサポート
Activity機能(レポーティング・モニタリング)
ワークスペース、共有受信箱機能
シングル・サインオン
Automation機能
カスタム・ブランディング

IBM Asperaユースケース





NI+C Value

高速ファイル転送ソリューション PoCメニュー

NI+Cはお客様の課題解決に向けてPoCを通してご支援します。
IBM Asperaで拠点間ファイル転送の時間短縮効果を可視化します。




ファイル転送で様々なお悩みをお持ちのお客様、是非IBM Asperaをご検討ください。





お客様のITインフラへIBM AsperaのPoC環境導入をご支援致します。
従来のファイル転送とIBM Asperaの高速ファイル転送における、以下項目の比較を実施頂けます。

比較内容
・拠点間のファイル転送速度
・ファイル転送の安全性
・ファイル転送時の利用方法

詳細は「PoC詳細資料請求」よりダウンロード下さい。






◆PoC詳細資料請求はこちら◆

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。