革新的かつ強力なクラウドデータプラットフォームSnowflake

画期的なセキュアデータシェアリング機能やデータバックアップ不要なDWH
クラウドデータプラットフォーム界の黒船!!

安全なデータ展開

セキュアデータシェアリング機能により、snowflakeアカウントを持っている同士であれば、A社が共有したデータをB社がデータコピーやロードなしで参照可能。

メンテナンスレス

タイムシェアリング機能によりデータは自動的にバックアップが取られており過去90日間であれば、どのデータに戻すことも可能。

容易なリソース拡張

サーバを止めることなくリソース拡張が可能。SQLの複雑さに応じて適切にリソースを使い分ける為、リソースが無駄になる事は無く処理可能

マルチクラウドプラットフォームに対応

SnowflakeではAWSを始め、Azure、GCPに対応している為、他のクラウドサービスとのシナジーが高い



Snowflake アーキテクチャ

Snowflakeは「Cloud service」「Query processing」「Database storage」のレイヤーで構成されております。

「Cloud service」Snowflake全体の処理をする為に様々なコンポーネントを結びつけるレイヤーとなります。
「Query processing」SQLが実行された際は、このQuery processingレイヤーで計算します。
  クエリを処理する際の各コンピュータノードをSnowflakeでは「仮想warehouse」と呼び、
  ユーザはこの「仮想warehouse」を自由に設計することにより、処理時間の調整をすることができます。
「Database storage」データがロードされると、このレイヤーにカラムナー形式でデータを圧縮して保管します。



「Snowflake」の強み

安全なデータ展開

セキュアデータシェアリング機能

  • 企業間等でデータ連携が必要な場合に、データ移行せずに相手側データを参照/分析することが可能。
    移行費用や余分なDWH費用削減可能。
  • セキュリティはデータプロバイダー(提供者)側で細部にわたり設定可能

メンテナンスレス

タイムトラベル機能

  • タイムトラベル機能は90日間であればどの時間帯に戻すこと、複製することができる機能。
    当機能があればDWHで悩みの種であるバックアップ問題(領域の肥大化/バックアップ時間/バックアップ費用)から解放されます。

柔軟な拡張性

ウェアハウス機能

  • ウェアハウス機能はオンライン中に変更可能。
  • リソース使用時の最低値と最大値を設定することによりSQLの複雑さ/多重度に応じて、どの程度リソースを使用するかシステムが自動調整を行う。
  • SQL無風時はサービスを一時停止し費用がかからないように自動調整可能。
  • ウェアハウス・データの部分が独立しているので別々にスケールアウト可能

マルチプラットフォーム対応

様々なクラウドプラットフォーム対応

  • AWS、GCP、Azure等の様々なプラットフォーム対応

革新的な開発環境作成が可能

ゼロコピークローン機能

  • データを容量を使わずに環境を複製する事が可能
  • データの複製は数秒で完了
  • 複製先のデータ、テーブル定義を変更しても複製元に影響は一切なし


「Snowflake」のエディション

Snowflakeは以下のエディションに分かれています。

「Standard edition」
Snowflakeの基本的な機能が一通り使用でき、費用対効果のバランスが取れています。

「Enterprise edition」
Standard Edition の全ての機能とサービスを提供し、大規模なお客様のニーズに合わた追加機能を持っています。

「Business Critical edition」
Enterprise editionの全ての機能とサービスを提供し、よりセキュアで災害復旧のサポートが追加されます。

「Virtual Private Snowflake」
最高レベルのセキュリティ機能をサポートするエディションとなります。



機能/サービス Standard Enterprise Business Critical Virtual Private
セキュリティ
インターフェース
データのIN/OUTPUT
耐障害性
データ共有 ×
サポート問い合わせ



「Snowflake」の料金

Snowflakeは主に「ストレージ使用料金」 + 「ウェアハウス(リソース)使用料金」 となります。

また、料金の主な割合としましてはストレージ料金が3割りに対してウェアハウス料金が7割り程度のケースが多く見られます。
その為、以下にウェアハウスを効率的に使用するかがSnowflakeの料金を抑えるポイントとなります。

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。