AIを活用したIT運用管理を高度化するWatson AIOps

AIを活用し、システムの異常に対する自己検知・診断・対応を行う過程を自動化し、システムのコントロール性、効率性、ビジネス継続性を向上します。

Watson AIOpsとは

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進むにつれ、ICT環境の複雑性は増し、システム運用をより煩雑にしています。システム運用担当者のマルチスキル化や、稼働時間の増加...と言った問題が発生する可能性もあるでしょう。

「IBM Watson AIOps」は、IT運用管理を高度化します。
AIを活用して大量データの中に埋もれている異常の予兆検知や類似インシデント分析による推奨アクション提供などの洞察を活用し、障害復旧を迅速化します。

AIイメージ








Watson AIOpsの特徴・強み










導入効果

IBM Watson AIOpsを活用することで障害検知から対応完了までにかかる復旧時間を大幅に削減することが見込めます。









IBM Watson AIOpsとの連携

IBM Watson AIOpsは様々なデータソースと連携し、お客様のシステム運用を高度化します。









NI+Cが提供する「Watson AIOps」の強み

1.Watson AIOpsをスタートしたいお客様をサポート

Watson AIOpsのスムーズな導入に向けてサポートをご提供

  • 本番環境への導入前にスモール・スタート(PoC)で始められます。管理対象のメトリック情報の収集やイベント統合、それらのレポート出力をご検証頂けます。

2.マルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境の運用業務効率化

豊富な経験・実績を活用し、お客様のインフラ運用業務の効率化をサポート

  • お客様のマルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境の運用業務効率化を目的とし、Watson AIOpsだけでなく、IBM Cloud Pak for Multicloud ManagementやRed Hat OpenShiftなどの他ソリューションと組み合わせ最適なプラットフォームをご提案、環境構築を実施します。
  • 環境お引渡し後、レポート画面のご説明や操作方法などのレクチャーも可能です。
 Watson AIOpsに関する
ご相談やお問い合わせはこちら 

お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。