セキュリティネットワーク

ゼロトラストセグメンテーションで侵害を隔離

Illumio

ゼロトラストセグメンテーション技術により「リスクベースの可視性」と「サイバー攻撃の封じ込め」を実現し、価値の高い資産を保護します。

解決可能な課題

  • 機密性の高いサーバホスト単位での通信状態が把握できていない。
  • サーバ・システム単位の通信制御を適用するのは煩雑でリソースと費用がかかる。
  • インシデント時に被害範囲を最小限としたいが、迅速に封じ込めをする手段がない。

サービスのご紹介

サーバ・システム単位での保護

論理的な独自ラベリング方式によって容易に通信制御をサーバ・システム単位など柔軟に且つ安全に適用できます。

脅威への迅速な封じ込め

本当に重要なデータ資産を隔離し、不正なトラフィックを迅速に封じ込めて被害を最小限にします。

スモールスタートが可能

新しい機器の導入は不要です。重要な資産への保護をクイックに開始し、必要に応じて随時範囲を拡大できます。

アプリケーション依存度マップ (Application Dependency Map)によるリスクベースの可視性

ホスト単位の通信状態を自動集約・ 収集し、境界内の通信状況を容易に把握することができます。

導入によるメリット

リスクの可視化

アプリケーション依存度マップを構築し、ワークロード、アプリケーション、エンドポイントに対するリスクベースの可視性を提供します。

運用負荷の低減

アプリケーション依存度マップや論理的な独自ラベリング方式の活用により、容易にポリシーを作成できます。

独自のテスト・モードにより、ポリシー適用時の事前確認が可能です。

被害の最小化

OS組み込みファイアウォールとの連携によって、侵害を迅速に封じ込め、被害を最小限にします。

TOPICS

ページのトップへ