ハイブリッドクラウド環境対応のログ収集・分析により強固なゼロトラストセキュリティを実現IBM Security QRadar SIEM

ハイブリッドクラウド環境のあらゆるログをリアルタイムに収集することで、スピーディな脅威検知をすると共に相関分析による精度の高い検知を実現します。世界有数のセキュリティチームから提供される脅威インテリジェンスを活用し、より強固なゼロトラストセキュリティを実現します。

ハイブリッドクラウドに対応したログ収集と分析が可能

オンプレ環境のログはもちろんのこと、AWSやGCPといったクラウド環境やSaaSアプリケーションのログも標準でサポートされているため、簡単に収集し分析することができます。

リアルタイムの脅威検知により、強固なセキュリティの実現

リアルタイムでの脅威検知ができます。サイバー攻撃への対応をすばやく行えるようになり、セキュリティリスクが低減します。

新たな脅威にもすばやく対応

民間最大規模のセキュリティ機関であるIBM X-FORCEの知見を活かした多数のルールが提供されており、新たな脅威への対応ルールも提供され、容易に追加更新できます。

EDRやデバイス監視だけでは分からない内部不正を検知

ゼロトラストセキュリティにおいて、内部不正の検知も重要です。QRadarでは、EDRやデバイス監視だけではわからない内部不正の兆候を、機械学習により検知することができます。

IBM Security QRadar SIEMの強み

ハイブリッドクラウド環境における強固なゼロトラストセキュリティを実現

オンプレやクラウド環境などのたくさんのログを収集・分析してセキュリティを強化したい。

  • オンプレ環境のログだけでなく、AWSやGCPなどのクラウド環境のログも標準サポートしているため、ログ収集や分析の設定などに時間をかけることなくスピーディに収集・分析を開始できます。
  • リアルタイムなログ収集・分析により脅威検知のスピードを上げることでき、複数製品のログを用いた相関分析を行うことで精度の高い脅威検知ができ、より強固なセキュリティを実現することができます。
  • 標準で600種類以上のルールを搭載しているため、個別にルールを作成することなくハイブリッドクラウド環境に対応したログ収集を開始でき、セキュリティを強化します。

内部不正を検知

外部からの攻撃だけでなく内部不正を検知したい。

  • QRadarでは、なりすましや内部不正をユーザーの振る舞い分析で検知することができます。
  • 多くのルールに加え、機械学習を利用したユーザーの振る舞い分析から内部不正の予兆を検知します。
  • QRadarは、ユーザーの振る舞い分析も無償で利用できます。

負荷の少ない運用

セキュリティエンジニアが足りていない。

  • 多くの製品ログについて、QRadarでは標準でサポートしているため、ログ収集時に必要になるログの収集や正規化処理等の設定のカスタマイズを行うことなく運用できます。
  • 標準で600種類のルールを搭載しているため、検知ルールの作成することなく運用することができます。
  • IBM X-FORCEの知見を利用することができ、新たな脅威の検知ルール等が無償で提供されるため、新たな脅威への対応の負荷を下げることができます。
  • SOARと自動連携することができ、インシデントレスポンスを自動対応することができます。

セキュリティに関する貴社取り組みについて、お悩みごとやご相談事項があれば、お気軽にお問合せください。