ニュース

2021.10.05 [プレスリリース]日本情報通信、お客様のマーケティングDXに大きく貢献
「FY21 ACOUSTIC JAPAN PARTNER OF THE YEAR」でNo.1を受賞

日本情報通信株式会社

 日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:桜井 伝治、以下 NI+C)は、Acoustic社が年に一度パートナーを対象として、お客様のマーケティング業務もしくは活動におけるAcoustic社製品の活用促進やDXに大きく貢献したパートナーに贈られる「FY21 ACOUSTIC JAPAN PARTNER OF THE YEAR」でNo.1を受賞しました。

 Acoustic社製品において、新規顧客の獲得、既存顧客への活用推進サポート、セミナー開催などWebサイトによる日本市場での知名度向上、技術者の育成などを評価いただきました。

 NI+CはAcoustic社製品をはじめ、マーケティングプラットフォーム、データ分析プラットフォームの選定から、構築、教育、リリース後の施策運用までサポートしています。

 NI+Cは今後もさらに顧客データの収集、統合、分析、活用まで一連のデジタルマーケティングの推進を支援して参ります。

 

 

■ Acoustic VP Sales, Asia Pacific & Japan ジェイミー・スマート様からのコメント
Congratulations on winning the “FY21 ACOUSTIC JAPAN PARTNER OF THE YEAR”.
We look forward to NI + C, our partner who is most familiar with Acoustic solutions in Japan, to further expand our business in the Japanese market and continue to have good relationships with existing customers.

「FY21 ACOUSTIC JAPAN PARTNER OF THE YEAR」の受賞おめでとうございます。日本で最もAcousticソリューションに精通したパートナーであるNI+Cが、日本市場での事業を更に拡大するとともに、お客様との良好な関係を継続されることを今後も期待しております。

 

■関連リンク
SaaS型マーケティング・オートメーションツール「Acoustic Campaign」
https://www.niandc.co.jp/sol/product/silverpop/
Web・モバイルでのCXを可視化「Acoustic Tealeaf」
https://www.niandc.co.jp/sol/product/tealeaf/

 

■ 日本情報通信株式会社について:<https://www.niandc.co.jp/
日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社の合弁会社として設立されました。システム開発から基盤構築、クラウド・ネイティブへの対応、EDIサービスやネットワークサービス、運用保守までをトータルに、お客様ニーズに最適なICTソリューションを提案、提供し、さまざまな業界におけるシステム経験が豊富です。更に、当社ではソーシャルディスタンス確保と経済活動を両立するリモートワールド実現を推進します。注目分野としては、先ず企業内DXの推進。そして、顧客との更なるエンゲージメント強化を実現する、社内外データ統合とAIによる分析活用のData&AI分野を展開。お客様の経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指しています。

記載の社名、ロゴマークなどは、該当する各社・団体の商標または登録商標です。


<報道関係者のお問い合わせ先>

日本情報通信株式会社 コーポレート企画部
広報担当 後藤、野村
Tel:03-6278-1016 E-mail:koho@niandc.co.jp