セキュリティネットワーク

ゼロトラストネットワークを実現するための新たな概念

SASE(Secure Access Service Edge)

SASE(Secure Access Service Edge)は、
包括的なWAN機能と包括的なネットワークセキュリティ機能を組み合わせて動的なセキュアアクセスをサポートする新しいソリューションです。
テレワークやクラウド利用が普及した企業ネットワークの新しいセキュリティモデル「ゼロトラストネットワーク」を実現します。

解決可能な課題

  • テレワークでも社内ネットワークと同様のセキュリティを確保したい
  • シャドーITや個人アカウントの利用を防ぎクラウドサービスを安全に利用したい
  • データセンタ回線の輻輳やNW機器のスペック不足を解消しパフォーマンスを向上したい

サービスのご紹介

SASE(Secure Access Service Edge)は、WAN機能とネットワークセキュリティ機能を組み合わせて動的なセキュアアクセスをサポートする新しいソリューションです。

従来のデータセンタを中心としたネットワークでは、トラフィックがデータセンタに集中することで回線ひっ迫やスペック不足が課題でした。

SASEを導入すると、ネットワーク上で一元的なセキュリティポリシーが適用されるため、端末はデータセンタを経由することなくクラウドサービスへ接続できます。テレワークやクラウド利用が普及した企業ネットワークの新しいセキュリティモデル「ゼロトラストネットワーク」を実現します。

取扱い製品

ご要望、ご予算に応じて最適なSASEソリューションをご提案いたします。

導入によるメリット

ネットワークとセキュリティの融合

SD-WANやCDNなどのネットワーク機能やCASBやZTNAなどのゼロトラストに対応するセキュリティ機能を包括的に提供するためのフレームワークです。

クラウド型サービス

ネットワーク機能やセキュリティ機能をクラウド上で提供します。従来の用途毎のネットワークインフラ/セキュリティアプライアンスと比較し管理・運用コストが削減できます。

一元的なセキュリティ管理

従来のゲートウェイ型ソリューションではFWやプロキシといった単位でセキュリティポリシーを適用していましたが、SASEではユーザやデバイスといったクライアントに応じたセキュリティポリシーをクラウド上で一元的に適用します。

ネットワークの可視化

CASBによるクラウドサービス利用の見える化、SSL可視化によるWeb利用の見える化など、SASE上でネットワークの可視化が可能です。

運用サポートのご提供

導入後の保守サポートも提供可能なので安心してご利用いただけます。

セキュリティ専門メンバーによる運用体制で、脆弱性情報を収集し回避策のご案内と実施を行います。

ページのトップへ