ニュース

オートバックスセブン様 マーケティングオートメーション導入事例のご紹介

syuzai.png


株式会社オートバックスセブン様は、ECサイトにおけるデジタルマーケティング基盤の刷新にあたり、Webサイト上のリアルな顧客体験をトレースする IBM Tealeaf(以下、Tealeaf)を採用するとともに、キャンペーンオートメーションツールのIBM Watson Campaign Automation (以下、WCA)を導入。コンテンツレコメンドエンジンとの連携も果たされました。
Tealeafの分析でWeb画面を日々改善できるようになった結果、直帰率と離脱率はそれぞれ3%改善。今後、WCAで成果の出るシナリオを追加していくことで、売上面でもジャンプアップを目指します。

詳細については、下記よりご参照ください。
▼(事例紹介)オートバックスセブン様
  顧客のリアルなWeb行動に基づいて、即座にアクションできるマーケティングオートメーション基盤を稼働

  www.niandc.co.jp/sol/scene/


kensyu_mini.png
↑オートバックスセブン様の社員とNI+C担当者で「ムービーナイト*」を実施
*ムービーナイト:様々な部門の関係者(マーケティング部門、EC部門、商品部門、IT部門など)が定期的に集まって行う意見交換会


▼(参考)本事例で導入した製品紹介
・IBM Tealaf: Web・モバイルサイト上でのカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を可視化
・(参考)ブログ:Tealeafを使ってみた
・IBM Watson Campaign Automation:カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)をフル活用しデジタル・マーケティングをスマートに支えるSaaS型マーケティング・オートメーションツール

一覧に戻る