ゼロトラストネットワークを実現するための新たな概念SASE(Secure Access Service Edge)

SASE(Secure Access Service Edge)は、包括的なWAN機能と包括的なネットワークセキュリティ機能を組み合わせて動的なセキュアアクセスをサポートする新しいソリューションです。テレワークやクラウド利用が普及した企業ネットワークの新しいセキュリティモデル「ゼロトラストネットワーク」を実現します。

ネットワークとセキュリティの融合

SD-WANやCDNなどのネットワーク機能やCASBやZTNAなどのゼロトラストに対応するセキュリティ機能を包括的に提供するためのフレームワークです。

クラウド型サービス

ネットワーク機能やセキュリティ機能をクラウド上で提供します。従来の用途毎のネットワークインフラ/セキュリティアプライアンスと比較し管理・運用コストが削減できます。

一元的なセキュリティ管理

従来のゲートウェイ型ソリューションではFWやプロキシといった単位でセキュリティポリシーを適用していましたが、SASEではユーザやデバイスといったクライアントに応じたセキュリティポリシーをクラウド上で一元的に適用します。

ネットワークの可視化

CASBによるクラウドサービス利用の見える化、SSL可視化によるWeb利用の見える化など、SASE上でネットワークの可視化が可能です。

日本情報通信の強み

運用サポートのご提供

導入後のインシデント対応や、日々のセキュリティアップデートのサポートがほしい

  • 導入後の保守サポートも提供可能なので安心してご利用いただけます。
  • セキュリティ専門メンバーによる運用体制で、脆弱性情報を収集し回避策のご案内と実施を行います。

自社グループ導入経験・ノウハウ

SASEに興味はあるが、何から検討すれば良いか分からない

  • 自社グループへの導入経験を基に、既存システムを活用したSASE利用や、システム移行方法などご提案します。
  • 導入時のユーザ部門への負担を小さくするためのノウハウもご提供します。

豊富な取扱いソリューションの中から最適なご提案

製品ありきだと既存システムがどこまで適合できるのか不安

  • 製品ありきではなくお客様環境やご要望、課題に対して将来を見据えたネットワークインフラをご提案いたします。 SASEソリューションの一例)Netskope、Zscaler
【お問い合わせ先】
日本情報通信株式会社
バリューオペレーション本部
ネットワークサービス部
e-mail : nw-contact@niandc.co.jp


お客様の業務課題に応じ、さまざまなソリューションの中からベストな組合せで、ご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。