ニュース

【参加レポート】 IBM PartnerWorld Leadership Conference 2017

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2017(以下、PWLC 2017)は、アメリカ ラスベガスにて、2/13~2/16の4日間にわたり開催されました。カンファレンスへは、約1,400名のIBM社員とIBM協業パートナーが参加。日本情報通信(以下、NI+C)グループからは須崎副社長含め6名が参加しました。



【Ginni Rometty 講演概要】

初日には、CEOのGinni Romettyより、「コグニディブ時代における戦略」と題し、講演がありました。

アーキテクチャーは今まさにシフト期にあり、今後数十年の成長を決定づけるものであるため、お客様へどのようなアーキテクチャーをご提案・ご提供するかが非常に重要であると述べています。

PWLC.png

Ginni Romettyは、今後コグニティブ時代を乗り切るため重要なアーキテクチャとして、3つのプラットフォームを挙げています。


1.(Watson)データ・プラットフォーム

構造化データだけでなく、非構造化データにも対応したオープン・プラットフォームである必要があり、自社のデータ活用だけでなく、エコ・システムの活用も検討すべきである。


2.Cognitive /AI プラットフォーム

AI はさまざまな業種、領域で利用され、お客様のさまざまな要件に応え、幅広いソリューションが提供できるよう、プラットフォーム化すべきである。5年後にはあらゆる決断にAIが関わってくるであろう。Watsonは2017年までに10億人にサービスを提供し、英語のほか8言語に対応していく。


3.クラウド・プラットフォーム

コグニティブの競争に勝つための鍵であり、コグニティブを提供するためのパワフルなメカニズムである。多数のクラウドサービスが存在する中で、IBMはレガシーの価値あるデータが活用可能なHybrid Cloudを提供しており、IoTやブロックチェーンにも対応している。



また、会期中には2つの受賞について発表が行われました。
NI+Cは、IBM Beacon Award 2017のファイナリストとしてOutstanding Security Solutionを受賞したほか、IBM Choice Award 2017 にてHigh-Performing Solution Provider - Japanを受賞しました。

IBM Choice Award 2017に関する詳細は、↓下記サイトをご覧ください

https://www.niandc.co.jp/news/20170216/


BeaconAward.png

*写真左:須崎副社長
写真右:IBM Executive: Mike Gerentine, Global Vice President, Channel Marketing

一覧に戻る