ニュース

【講演レポート】 AI/IoT時代のデータ戦略実践セミナー >分析・活用編(9/6開催)

0906_1.png

AIや機械学習を活用して、市場競争力の高いビジネスモデルへと進化する企業が増えるなか、 実際のビジネス現場においては、数値情報だけでなく社内外の文書などのテキスト情報など、あらゆるデータから知見を導くことが求められます。
9/6 に開催された日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)主催のセミナーでは、分析ツールを使って顧客データや営業メモを分析し、お客様への最適なご提案活動に結び付けているお客様講演を筆頭に、IBMアナリティクス分野のスペシャリストの皆さま、および当社社員による講演やデモが行われました。

以下に、当社社員2名の講演について、少しご紹介いたします。


SPSS Modeler+CADSを活用した実践事例のご紹介
0906_1-1a.png 本セッションでは、マツモトキヨシホールディングス(以下、マツモトキヨシ)様事例に基づき、「データ分析結果を成果に結び付けるために何をすべきか」について、講演が行われました。
講師の二村からは、「分析はあくまで手段であること。目的を達成するために何が必要か、数多くの分析モデルを実行し、小さな成功を積み重ねることが大事であるとともに、販促効果を測るプロセスを自動化する仕組みが必要」といったことが語られました。
マツモトキヨシ様は、当社伴走サポートをご利用になり、今ではご自身でSPSSモデルを作られるまでスキルを身に付けられています。

▼事例および関連ソリューションについては、下記URLをご覧ください。
http://www.niandc.co.jp/sol/news/date20180830_1681.php


Watson Explorerを活用した実践事例のご紹介
0906_2-2a.png 本セッションでは、製造業者様や旅行会社様におけるWatson Explorer(以下、WEX)の活用事例について、講演が行われました。
大量の非構造化データから、検索や分析を行えるといったことが、特徴的な事例として多く取り上げられますが、お問い合わせサイトのチャットボットとして導入した少し変わった事例についても、講師の安田より紹介がありました。
チャットボット導入後は、コールセンター呼量やメール問い合わせが削減され、Q&Aの蓄積によるユーザビリティ改善効果もアップしたとのことです。

当社はWEXの前身であるTAKMIの時代から20年の経験と数多くのプロジェクト実績がございます。
▼製品概要及び当社WEX事例については、下記URLをご覧ください。
http://www.niandc.co.jp/sol/product/wex/


最後に、IBMセッションで行われたデモについても、少しだけ触れさせていただきます。
Db2 Warehouse on CloudとSPSS Modelerを使ったデモが行われたのですが、驚かされたのはその"ものすごい"スピードと簡易性です。
3秒程度で1億件のデータ分析を行ってしまうという一瞬のデモ。アイコンをつなぐだけで、難しいロジックを知らずとも、複雑な分析を導き出すSPSS Modelerの簡易な操作性。いづれもあっという間の出来事で、よそ見をしている暇はもちろんありませんでした。

0906_2.png

本セミナーにおけるNI+C講演資料を
ご希望される方はこちら


データ活用や分析に関して
ご相談のあるかたはこちら

一覧に戻る