ニュース

【出展レポート】IBM Think Summit(2019年6月18-21日開催)

6/18~21の4日間、日本IBM主催の「Think Summit」が開催されました。今年は会場を天王洲エリアにある寺田倉庫を主会場として、新たな変革にチャレンジすることをイメージし、今後もお客様とともにデジタルトランスフォーメーションを創出するために、最先端の技術や事例をご紹介しました。
NI+Cはこれに連携し、ドライバーを見守るIoTソリューションを展示と講演でご紹介しました。


ts2019_1.png

展示会場内のソリューション・シアターでは「IoTでつなぐドライバーの体調と運転ふるまいの総合安全管理ソリューション」と題し、IoB(Internet of Bodies):"人とインターネットがつながる世界"関連のサービスである「hamon for Worker Insights」とIoC(Internet of Cars):"つながる車のネットワーク"関連のサービスである「NI+C CVI Platform Service」、生体情報と運転・走行情報を組み合わせ、地図上にアラート表示するデモを紹介いたしました。

ts2019_2.jpg
ts2019_3.jpg

展示ブースでは2つのソリューションを紹介しました。

働き方改革を推進する業務担当者の安全管理・見守りソリューション
「hamon for Worker Insights」

ウェアラブルIoTの「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」の組合せにより、業務担当者の心拍などの生体データ、ジャイロセンサーや加速度などの行動データを分析し、様々な環境で働く業務担当者の体調やストレス、疲れを検知するアルゴリズムに基づき業務担当者の見守りサービスを実現します。また、ジャイロセンサーや加速度センサーから位置情報などもデータとして収集できるため、多様な人の動きのセンシングが可能となり、より安全な見守りサービスが提供可能です。

製品ページはこちら  


IoC(Internet of Cars)"つながる車のネットワーク" 活用ソリューション
「IBM IoT Connected Vehicle Insights」

"コネクテッドカー・つながる車"実現のためのIoT Saasプラットフォームです。大量の車両走行状況や道路関連情報をクラウド上で収集・蓄積・分析すると共に静的な地図情報をベースに動的情報を加味したダイナミックマップを生成管理しシームレスなデータアクセスを実現します。

パンフレットはこちら  


(関連セミナーのご案内)AIとIoTによる 安全管理・健康管理セミナー [IBM主催/NI+C協賛] 7月9日(火)開催
Think Summitに出展した「hamon for Worker Insights」を紹介するセミナー開催が決まりましたので、下記にご案内いたします。ご興味のある方は是非ご参加ください。

お申込み/詳細は下記URLよりお願いいたします
https://www.niandc.co.jp/sol/news/date20190607_1776.php

出展内容に関するお問い合わせはこちら 

一覧に戻る